イベント

アート集団「NUMEN / FOR USE」が日本初個展「TAPE TOKYO」を開催

2013年11月13日 - イベント

アーティストグループ「NUMEN / FOR USE」の展覧会「TAPE TOKYO」が、11月18日(月)から東京・表参道のスパイラルガーデンで開催!クロアチアとオーストリアを拠点とする、スヴェン・ヨンケ、ニコラ・ラデルコヴィチ、クリストフ・カツラーの3人のインダストリアルデザイナーがチームとなり、1998年に活動をスタートした「NUMEN / FOR USE」は、ラテン語で"物質や場所に宿る神または精霊"を意味する"NUMEN(ヌーメン)"と、実用できるものを表す英語の"FOR USE(フォー ユース)"に由来。空間デザインや舞台美術、インスタレーションなど、さまざまなジャンルの作品を手掛け、一昨年には国際舞台美術展「プラハ・カドリエンナーレ」で、最優秀ステージデザイン賞と最優秀シアターテクノロジー賞を受賞するなど、活躍の場を広げています。彼らのアジア初個展となる本展では、代表作である梱包用のビニールテープを巻きつけて制作する巨大な「TAPE INSTALLATION(テープインスタレーション)」を披露。会期前半の11月24日(日)まで公開制作を行い、完成後の11月25日(月)から来場者はインスタレーションの内部にまで入ることができ、包み込まれるような感覚の中で作品を鑑賞できます。巨大な蜘蛛の巣や生物の体内を連想させる作品のダイナミズムを体感してみて。会期中には、作品を舞台美術としたダンスカンパニーのCo.山田うんによるパフォーマンス「Tape+Dance」や、トークイベントも予定されているので、作品をより深く楽しむ機会に。

Information

NUMEN / FOR USE Exhibition「TAPE TOKYO」
期間: 2013年11月18日(月)~12月4日(水)
場所: スパイラルガーデン
東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F
時間: 11:00~20:00
WEB: www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_848.html
パフォーマンスプログラム「Tape+Dance」
日程: 2013年11月29日(金)
時間: 20:30~
出演: Co.山田うん