イベント

デュッセルドルフを拠点に活躍する「Böhm」が京都造形芸術大学で講演

2013年9月20日 - イベント

デュッセルドルフを拠点に、世界中から注目を集めるアーティスト、カティア・ストゥーケとオリヴァー・ジーバーは、それぞれ写真家として作品を発表するだけでなく、ユニット「Böhm(ブーム)」でさまざまなプロジェクトを行い、さらに、ユニークな写真イベント「ANTIPHOTO(アンチフォト)」を主催するなど、その活動は多岐にわたります。今回、京都造形芸術大学の美術工芸学科現代美術・写真コースが、彼らの来日に合わせて、自らの活動を紹介する講演会を開催!印刷物、コピー、ネット、インスタレーションなど、あらゆる形態を駆使する彼らは、膨大なイメージが氾濫する今日の社会におけるアートの可能性を真摯に追求し続けています。こうした彼らの姿勢に触れられる講演会は、写真家、ユニット、キュレーターなど、さまざまな顔を持つ彼らの全貌を知る貴重なチャンスであるとともに、アートに関心のある方はもちろん、現代社会とイメージとの関係に関心のある方にも興味深い話が聞ける機会に。

上)カティア・ストゥーケの作品。 下)オリヴァー・ジーバーの作品。

Information

京都造形芸術大学美術工芸学科現代美術・写真コース 2013年度国際交流プロジェクト
カティア・ストゥーケ&オリヴァー・ジーバー講演会
「あなたは今度は誰なの?(私たちの)写真とアンチフォトについて」
日程: 2013年9月29日(日)
場所: 京都造形芸術大学 人間館(NA)102教室
京都市左京区北白川瓜生山2-116
時間: 15:00~17:00
問合せ: 「京都造形芸術大学 美術工芸学科現代美術・写真コース事務担当 西村郁子」
TEL 075-791-8232
WEB: www.boehmkobayashi.de/(BOHM)
www.kyoto-art.ac.jp(京都造形芸術大学)

※予約不要、聴講無料、日本語通訳付