イベント

世界有数の技術集積地、燕三条の工場が扉を開く「燕三条 工場の祭典」

2013年9月30日 - イベント

新潟県の中央、信濃川流域に位置し、世界有数の高度な技術集積地として、物作りの伝統を有する、燕三条地域。その名だたる企業が一斉に工場を開放し、物作りの現場を見学、体験することができるイベント「燕三条 工場の祭典」を、10月2日(水)から5日間開催します。工場は日々、さまざまな物が生まれる場であり、職人の物作りにかける思いや、誇りが詰まっている場でもあります。普段は閉ざされた空間で、イベント期間中のみ、間近に物作りを見たり、各工場で開催されるワークショップに参加したりすることができます。株式会社タダフサによる包丁研ぎ直し体験と蕎麦打ち体験、世界に誇る爪切りブランド、諏訪田製作所による体験ネイルケアなど、魅力的な企画満載です。工場を見学してみたい方、物作りに興味のある方、職人と話してみたい方、そして、職人になりたい方など、多くの人が楽しめるように、職人が普段は閉じている工場の扉を開きます。

左)銅器の老舗、玉川堂。 右)全行程を一人で仕上げる和鋏職人の技が光る、進光鋏製作所。

Information

「燕三条 工場の祭典」
期間: 2013年10月2日(水)~10月6日(日)
場所: 新潟県三条市、燕市全域
問合せ: 「燕三条 工場の祭典」実行委員会 TEL 0256-34-5511
WEB: kouba-fes.jp
facebook: www.facebook.com/koubafes