エトセトラ

アップル本社新社屋でも話題の建築家、ノーマン・フォスター卿のドキュメンタリー

2013年11月11日 - エトセトラ

"モダニズムのモーツァルト"と評されるイギリスを代表する建築家ノーマン・フォスターのドキュメンタリー『フォスター卿の建築術』が1月3日(金)より公開されます。現在、アップルの新社屋を建築することで話題の彼にフォーカスした本作では、生い立ちから現在の仕事風景、バックミンスター・フラーとの会話、リチャード・ロジャースやリチャード・ロング、蔡國強、U2ボノへのインタビュー、そして数多くの建築作品を通しフォスターのデザイン哲学に迫ります。大英博物館グレート・コート、ミレニアム・ブリッジなど、彼の設計した圧倒的に優雅な建築物の数々。ロンドンだけでなく、現在78歳のフォスター卿は、ノートと鉛筆を携えて世界中を飛びまわり、70年代から今日まで建築界の最前線を走っています。鉄とガラスを多用し、構造体を外部に露出させたスタイルは、革新性と洗練を兼ね備え、ハイテク建築の御三家の一人として名を広め、エリザベス女王より貴族爵位も与えられています。「大切なのは、物としての建物ではない。私の死後も残る哲学がないと。未来へと続く、生きた哲学のデザイン。それが何より難しいし、実現出来たら誇らしい。」と語る彼のデザインの本質が明らかになります。

©Valentin Alvarez

Information

『フォスター卿の建築術』
監督: ノルベルト・ロペス・アマド&カルロス・カルカス
出演: ノーマン・フォスター、バックミンスター・フラー、リチャード・ロジャース、リチャード・ロング、ボノ、蔡國強ほか
配給: アップリンク
東京・渋谷の「アップリンク」ほかにて2014年1月3日(金)より全国順次公開
WEB: www.uplink.co.jp