未分類

「ナショナル ジオグラフィック展」日本橋三越で開催 - 岩合光昭らによる写真も展示

2014年9月20日 - 未分類


《動物の心が開いた瞬間》 撮影:マイケル・ニコルズ/National Geographic Creative

2014年10月1日(水)から10月6日(月)までの期間、「ナショナル ジオグラフィック展 〜写真で伝える地球の素顔〜」が日本橋三越本店にて開催される。

1888年に設立されて以来、1世紀以上にわたって歴史的発見と地球の真実を伝え続けてきたナショナル ジオグラフィック。展覧会では、そんな彼らの1100万点に及ぶ膨大なコレクションの中から、厳選した約180点の写真と2つの映像を展示。大自然の驚異や古代遺跡の発見、異国の多様な暮らし・文化をとらえた歴史的に貴重なものから、最新の撮影技術を駆使したものまで、地球の姿をありのままにとらえた作品が会場には並ぶ。


《ヒョウアザラシからの贈り物》 撮影:ポール・ニックレン/National Geographic Creative

さらにクローズアップでは、ナショナル ジオグラフィックの誌面を飾った数少ない日本人写真家である野町和嘉や岩合光昭、そして現在のナショナル ジオグラフィックを代表する写真家ティム・レイマンを特集した。

ナショナル ジオグラフィックはこれまで、“マチュピチュの発掘”や“タイタニック号の発見”など、多くの著名な探検家や科学者・研究者たちの支援を通して、数々の記録を残してきた。その歴史的に高い価値と、世界最高峰の写真家による作品の美しさ。両方が一度に味わえる、注目の6日間となる。


《アフガン難民の少女》
撮影:スティーブ・マッカリー
National Geographic Creative

【開催情報】
「ナショナル ジオグラフィック展 〜写真で伝える地球の素顔〜」
期間:2014年10月1日(水)〜10月6日(月)
会場:日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
時間:10:00〜18:30(19:00閉場) ※最終日は17:00まで。
入場料:一般・大学生 700円、高校・中学生 500円、小学生以下 無料
内容:
写真作品180点、映像2ヶ所(予定)
・第1章 EXPLORATION 〜冒険・探検の記録
・第2章 SCIENCE 〜自然科学
・第3章 WILDLIFE 〜野生の世界
CLOSE UP: 岩合光昭「セレンゲティ」、 ティム・レイマン「極楽鳥」
・第4章 PEOPLE & CULTURE 〜人類と文化
CLOSE UP:野町和嘉「タッシリ・ナジェールの岩壁画群」
・トピックス
2013年に125周年を迎えたナショナル ジオグラフィックの歩みを 作品パネルと解説パネルを使用して展覧。
・映像
ナショナル ジオグラフィックの写真家たちが撮影する現場風景や撮影秘話など、写真家自身による解説映像を上映。