未分類

高さ9メートルの巨大パッチワークも登場!「六本木アートナイト2014」の見どころをチェック

2014年4月17日 - 未分類

2014年4月19日(土)から20日(日)の早朝にかけて、六本木の街を舞台にしたアートイベント「六本木アートナイト2014」が開催される。今回のテーマ「動け、カラダ!」。

アーティストの西尾美也による古着を繋ぎ合わせた巨大パッチワーク作品や、「ふわりたいながれたい つなぎたい」と名付けられた一般参加型の大型パレードが見どころ。六本木ヒルズアリーナで、人を包み込むような巨大な作品”人間の家[スカート]”を展示。パレードでは、ダンサー・振付家の伊藤キム監修によるダンスパフォーマンスを取り入れたパレード隊が六本木の街を練り歩く。

その他、六本木の新しい魅力を発見できるアートスポットを街中に点在させたインスタレーション&パフォーマンス、W杯を前に盛り上がるサッカーとアートを組み合わせたプロジェクトも実施。テーマであるカラダと密接に関わる「食」をテーマにしたプログラムも加わる予定だ。


西尾美也 ≪人間の家 [スカート]≫

開催日に先駆けて行われたプレスプレビューでは、西尾美也の作品が六本木ヒルズアリーナに展示。奈良県在住の西尾が六本木にアトリエを借り、ボランティアの人々と古着を集めて作った作品、“人間の家[スカート]”は、なんと高さ9m。数えきれないほどの古着の生地はチェックや花柄のほか、中には“祭”とかかれたものなど、様々な人が身に着けた服がひとつの作品になっている。「人間が“着てきた時間”がつまった巨大な生き物を作りたいと思った」と西尾が語るこの作品。大きなスカートの裾が風になびく動きのある姿は、本イベントのテーマを象徴しているようだ。

 
左) 人間の家 [スカート]  左) アート型人生相談 “六本木の父” のブース

また当日は六本木ヒルズアリーナで、西尾が手掛けた作品の中に入って行う、アート型人生相談「六本木の父」も開催。デニムなどの古着で、愉快な顔を表現したユニークな外観の作品が設置され、コアタイムには遠山正道、真鍋大度ほか複数のアーティストや文化人が観客の相談に応じる対話型イベントが行われる。数々の修羅場をかいくぐってきた、人生の達人ともいえるゲストたちから、貴重なアドバイスがもらえるかもしれない。

さらに、プレスプレビューではダンサー・振付家の伊藤キムが監修する「六本木パレード」のダンスも披露。「本日も“カラダ”をお使いいただき、ありがとうございます」と、ユーモアあふれるアナウンスとともに、胸や腰、おしりなど身体の部位を使ったエネルギッシュな踊りは、見ているだけで元気な気持ちになれる。ダンサーたちが着ている衣装は美術家、吉田一郎が手掛けたもの。頭上でゆらめくヒトガタのヘッドセットにも注目だ。当日は、プロのダンサーだけでなく、日本体育大学の学生、高校生、そして一般参加の人々、約130名が六本木の街をパレードでつなぐ。

 
左) 「六本木パレート」のダンス 右) ヒルズカフェで行われる「フィード・ラブ」の様子

また、ヒルズカフェではフードをテーマとしたプログラム「フィード・ラブ」も開催。大きな布を被り、視覚をうばわれた状態で、口に食品を運んでもらうことで、他者から幼児回帰を促すなど、食を通じたユニークなプログラムも開催される。

「六本木アートナイト」は、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的として、2009年より開催されている一夜限りのアートイベント。2014年度の開催で6回目を迎える「六本木アートナイト」。2013年開催時の来場者数は延べ83万人を記録し、1年に1度のアートの祭典として年々参加者と規模が増加している。

アーティスティックディレクターは、「六本木アートナイト2013」に引き続き日比野克彦が担当する。

日比野克彦を校長に迎えた「六本木アートナイトスクール」の開講が決定。2014年1月10日(金)の第1回を皮切りに3回に分けて行われる授業では、「六本木アートナイト2014」がどのように企画・進行されているのかや、具体的なプログラム内容など、イベントをより深く知るための情報がぎっしり。展示だけでは分からない色々な部分が見えてくれば、当日はさらに楽しめるはずだ。

【関連記事】
六本木アートナイト 2013、見どころガイド - G-tokyoでは草間彌生の大型立体作品も初披露

【主なプログラム】
「六本木アートナイト2014」 

■カラダひとつプロジェクト
アーティストの西尾美也が古着を再利用した巨大なパッチワークのアート作品を制作。ヒルズでは巨大作品”人間の家[スカート]”を展示。東京ミッドタウンでは花柄の古着のみで花を形作る”花柄/花”、国立新美術館では古着からボタンだけを採取し、テグスで繋げて作る”ボタン/雨”でインスタレーション空間を創出。展示された作品の周囲では、夜通し様々なパフォーマンスも実施する予定。

■六本木パレード《ふわりたい ながれたい つなぎたい》
ダンスパフォーマンスを取り入れたパレード。六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館やストリートを繋ぐ予定。賑わう六本木の街でも一際目をひく衣装や小道具、美術でパレードを盛り上げる。

■街を彩るインスタレーション&パフォーマンス
毎年、街中のお店やストリート、公園などに作品を配置。今年も大型のインスタレーションや、「動け、カラダ!」のテーマに相応しいダンサー、パフォーマーによる生身の身体をつかったダンスや舞台の要素を取り入れた街中パフォーマンスを各所で実施。

■スポーツ&アートプロジェクト
「スポーツ」を「アート」と融合させたプロジェクト。W杯を前にサッカーとアートを組み合わせる。ワールドカップの対戦国と日本の国旗をモチーフとした大きなフラッグを制作するのが”マッチフラッグプロジェクト”。また、サッカーに必要なボールやゴール、ユニフォームをすべて手作りし、完成したそれらを使って、子供も大人も入り混じってのサッカー大会”ヒビノカップin 六本木”を実施。参加者は後日公式ウェブサイトにて公募。

■第二回六本木夜楽会
昨年好評だった六本木のお店を舞台に、様々なアーティストや各界の気鋭のプロフェッショナルが意見を交換する場”六本木夜楽会”を今年も開催。アーティストを囲み、ここでしか聞くことのできないクロストークを満喫し、食事を楽しみながら、直接コミュニケーションを取ることができる貴重な機会だ。
*参加は、事前申込が必要。詳細が決まり次第、六本木アートナイト公式ウェブサイトに掲載。

【開催概要】
六本木アートナイト2014
開催テーマ:「動け、カラダ!」
日時:2014年(平成26 年)4月19 日(土)10:00~4月20日(日)18:00
<コアタイム> 4月19日(土)18:17【日没】 ~ 4 月20 日(日)5:03【日の出】
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。
開催場所:
六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、
六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料 (但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
公式サイト:http://www.roppongiartnight.com
問い合わせ先:03-5777-8600(ハローダイヤル)
*営業時間:年中無休 8:00~22:00