未分類

『スイミング・プール』のレアンドロ・エルリッヒが、金沢21世紀美術館で日本初の個展開催

2014年4月25日 - 未分類
《 スイミング・プール》 2004 
(c)Leandro Erlich Studio
撮影:中道淳/ナカサアンドパートナーズ

金沢21世紀美術館が2014年5月3日(土・祝)から8月31日(日)までの期間、展覧会「レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?」を開催する。

レアンドロ・エルリッヒは、1973年ブエノスアイレス生まれ、ウルグアイ・モンテビデオ在住のアーティスト。日常的な物事をベースにしながら、人の認識を逆手に取った作品を得意とし、彼の代表作でもある『スイミング・プール』は、水の張ったプールの下に空間をもうけることで、鑑賞者がプールの中に入っているような感覚を味わえる。

そんなレアンドロ・エルリッヒの日本で初めてとなる個展で、金沢21世紀美術館の恒久展示である『スイミング・プール』に加え、最新作を含む作品12点を展示。6つのエレベーターが鏡でつながる『エレベーターの迷路』、定期的に開閉するエレベーターを同じ視点から劇場的に観察する映像作品『エレベーター・ピッチ』など、日ごろ触れているものを全く違う角度から切り取った表現は、驚きとともに新たな発見をもたらしてくれる。

会期中に、子供向けギャラリーツアーなどの企画も用意。先着順なので、早めにチェックを。

【展覧会情報】
レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?
期間:2014年5月3日(土・祝)〜8月31日(日)
場所:金沢21世紀美術館 展示室7〜12、14
時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで、チケットは閉場30分前までの販売)
閉場日:月曜日(5月5日、7月21日、8月11日をのぞく)、5月7日、7月22日
料金:一般 1,000(800)円、大学生 800(600)円、小中高生 400(300)円、65歳以上 800円
※()内は20名以上の団体料金、前売りチケット料金(チケットぴあ、ローソンチケット)
TEL:076-220-2800

レアンドロ・エルリッヒ
《Elevator Pitch- Conversaciones de ascensor》 2011 courtesy of Galería Ruth Benzacar
(c) Ignacio Iasparra

■アーティスト・トーク
日時:5月3日(土・祝) 19:00~16:00
場所:金沢21世紀美術館 レクチャーホール
定員:80名
※当日10:00よりレクチャーホール前にて若干枚の整理券を配布。

■子どものためのプログラム
・ギャラリー for キッズ「ここは、どこ?」
日時:6月21日(土) 13:00〜14:30
場所:金沢21世紀美術館 キッズスタジオ
対象:小学生(親子可) 先着15名
参加費:当日観覧券+300円(材料費)
申込受付:6月1日(日) 9:30〜開始

・ギャラリーツアー for ファミリー
日時:6月17日(火)、7月1日(火) 11:00〜12:00
場所:金沢21世紀美術館 キッズスタジオ
対象:未就学児とその保護者 各回・先着10組
参加費:無料(要・当日観覧券)
申込受付:6月1日(日) 9:30〜開始

・作ろう!ワークショップ「右?左?ふえた?きえた?」
日時:8月21日(木) 13:00〜15:30
場所:金沢21世紀美術館 キッズスタジオ
対象:小学3〜6年生 先着15名
参加費:当日観覧券+500円(材料費)
申込受付:8月1日(金) 9:30〜開始

展覧会HP
URL:http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1711

申込受付
TEL:076-220-2801 (月曜をのぞく 9:30~18:00)