未分類

イッセイ ミヤケの研究チーム「リアリティ・ラボ」- 社会とデザインを繋ぐクリエーション

2013年11月11日 - 未分類

2013年11月11日(月)、イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)の「REALITY LAB. ISSEY MIYAKE(リアリティ・ラボ イッセイ ミヤケ)」が青山FROM-1st.にオープンした。この店舗では、イッセイ ミヤケの研究チーム「リアリティ・ラボ」が手掛けるアイテムが並ぶが、一体その商品とはどんなものなのだろうか。

リアリティ・ラボとは、デザイナー三宅一生が率いる11人の研究開発チーム。2007年にスタートし、「社会とデザインの密接な実現化」をテーマに研究開発を行い、アップサイクルをベースに「132 5. ISSEY MIYAKE」、「陰翳 IN-EI イッセイ ミヤケ」、「バオ バオ イッセイ ミヤケ」で革新的なモノづくりを披露してきた。また今回のショップのオープンと同時にスタートしたブランド「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」でも研究の技術を活かしている。

 

新ブランド「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」は、ブランドが持つ大きな魅力のひとつである、プリーツ加工をもとに、男性たちに新しい日常着を提案する。男性が着用するため、素材には厚みのあるテキスタイルを採用。一定幅で規則性がある、肌に密着しない工夫を行ったプリーツは、汗を素早く吸収し乾燥させる「吸汗速乾」素材を使用した。男性の体の動きに合わせて、縫製後にプリーツ加工し、動きやすく気楽な着心地を実現。トップス、パンツ、ジャケットなどが展開され、ライトグレー、ダークグレー、ブルー、ブラックの4色。今後はカーキやネイビーも追加される。

 

「132 5. ISSEY MIYAKE」は2010年11月に本ショップの同じ青山FROM-1st.内に店舗を構え3年がたつ。同ブランドは三宅一生を中心としたメンバーで日本各地の産地を訪れ、社会問題と向き合うデザインを追求したことから始まった。ファッションでエコロジーを考えると、体に優しいオーガニックな素材をイメージするが、リアリティ・ラボが着目したのは「再生ポリエステル」という固い素材。この素材をもとに、アルゴリズムの研究学者と協働で新たな服づくりに取り組んだ。 独特の強いハリ感を活かして作られた立体的な服は、2次元に折り畳むことができ、切り込み線の位置を変えることで、シャツ、スカート、ワンピース、パンツへと姿を変える。同じ折り目でも、その大きさを変えると、着用した際に異なるフォルムになることも特徴だ。「一枚の布から服をつくる」というブランド のコンセプトに沿った画期的な服は、レディースのほか、新たに新店舗でメンズも展開される。

 

照明器具の「陰翳 IN-EI イッセイ ミヤケ」では、谷崎潤一朗のエッセイ「陰翳礼讃」で語られる、影に対する日本の伝統的な美意識をデザインのヒントに、雌鶏(メンドリ)、土竜(モグラ)、蝸牛(カタツムリ)といった愛らしいネーミングの商品を生み出した。グッドデザイン金賞にも輝いたこの照明器具には、ペットボトル再生繊維100%の素材をシェードに使用。独自のシワ加工で強度と堅牢性を備えたシェードは、折り込まれた造形が、螺旋状に回転しながら立体となり、彫像的なフォルムへと姿を変える。一見繊細なシェードは、ハリのある素材でその形状を美しく保ち、影の魅力を充分に活かした仄かな明かりを生活空間に与える。

その他にもリアリティ・ラボでは、宮城県にある工房の「白石和紙」を用いた服や、東北の背負縄やわらじの素材を持ち手に取り入れたバッグ「RENJAKU BAG」なども展開。研究チームは東日本大震災が起こったことから″日本のモノづくり″に貢献したいという想いがより強まり、東北地方で培われた生活の知恵や工夫、伝統的な手法を活かした商品を提案した。

【ショップ情報】
REALITY LAB. ISSEY MIYAKE
東京都港区南青山5-3-10 FROM-1st.
TEL:03-3499-6476/6496