未分類

インク不要で書き続けられるペン第2弾が代官山・蔦屋書店で発売

2015年1月22日 - 未分類

2014年に代官山・蔦屋書店で発売され話題となったインク不要で一生使えるペンの第2弾となる「フォーエバー キューバン(4.EVER CUBAN)」が発売された。

今回は前回のスタイリッシュなデザインとは一転して、丸みをおびたキュートなデザイン。可愛い形のウッドのボディはイタリアの新進デザイナー、セルジオ・モリによるデザインで、人間工学に基づいたもの。100%イタリア製で、手作業で組み立てられている。

 

インクを紙に転写するのではなく、合金製のペン先が、紙との摩擦で酸化して跡を残す仕組み。そのため、ペン先がわずかながら磨耗していくが、一般のボールペンと比較して長期にわたり使用することができる。

このメタルチップペンシルは、古くは中世から使われていた魅力的で芸術的な筆記具として知られている。ルネッサンスの時代に、かのレオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとする著名な芸術家・哲学者達に愛用されていた。

筆圧に応じてクレヨンのようなタッチで描けるのが特徴で、本体も軽く女性にもオススメ。ただし消しゴムでは消せない点が要注意だ。

【アイテム情報】
フォーエバー キューバン(4.EVER CUBAN)
価格:6,480円(税込)
発売中
長さ:10cm
幅:2cm
重量:31g
ボディ材質:カエデ材
専用メタルケース付

【問い合わせ先】
代官山 蔦屋書店
TEL:03-3770-2525

【セルジオ モリ】
1972年生まれ/デザインの名門、ヨーロッパ・デザイン学院で学ぶ。1998年に第18回ゴールデンコンパス賞(青年部門)受賞。2005年インターナショナルグランドデザイン賞受賞。2012年 NAPKIN 4.EVER PRIMA で、インターナショナルグランドデザインエセカルノミネート。 I' Arch、Bonomi contemporaneo italiano、Forme、Alma design、Hotech、Alma designなど数多くの企業とコラボし、デザインを手掛ける。