未分類

エスカーダ、2014年春夏コレクションを六本木で披露 ‐ 神田うのがランウェイに登場

2014年4月26日 - 未分類

エスカーダ(ESCADA)が2014年春夏コレクションのファッションショーを、2014年4月26日(土)に、東京・六本木ヒルズアリーナで開催。会場には、かたせ梨乃、とよた真帆、川島なお美といった女優陣のほか、ファッション誌で活躍中のモデルたちが、エスカーダのドレスに身を包んで姿を現した。

コレクション前は、メンズダンサーたちによるフレッシュで軽快なダンスが披露されたほか、歌手の安田レイがオープニングライブを披露。『Best of my love』と『Brand New Day』の2曲で、爽やかな歌声を観客に届けると、会場は夏らしいムードでいっぱいに。

 

発表されたエスカーダのコレクションは、南フランス・プロヴァンスからフレンチ・リヴィエラへのクルージングがテーマだ。この日は、スペシャルゲストとして神田うのが登場。ゼブラ柄のジャケット&パンツのセットアップで、ワイルドな魅力たっぷりの神田うのは、堂々たる貫禄でファーストルックを飾った。

 

コレクションでは、アニマルモチーフをベースにヴィヴィッドカラーをアクセントにしたワンピースのほか、パイナップル柄、エレガントな大ぶりフラワーモチーフのドレスなど、華やかなバカンスルックが次々に披露された。ラストは、神田うのがネイビー×ホワイトのストライプのロングドレスでショーを締めくくる。裾の切り替えでフレアがたっぷりと入ったドレスは、バックスタイルが大きく開いたエレガントな一着。スカートをはためかせて歩く姿は、とびきり優雅なオーラを放っていた。

今回初めてエスカーダのショーに参加した神田うのは、「やっぱり楽しいですね、お洋服に身を包んで、“このドレスの自分になる”ということは。本来の私が一番得意とする仕事なので」とコメント。この日は、エスカーダの顧客を始めとする来場者のほか、六本木ヒルズに訪れた観客たちがショーやパフォーマンスを楽しんだ。