未分類

エスパス ルイ・ヴィトン東京で4組のアーティストによる展覧会開催 - テーマは“時”

2014年1月20日 - 未分類

Graphic by © Hideki Inaba, 2013

エスパス ルイ・ヴィトン東京で2014年1月18日(土)から4月13日(日)までアンヌ&パトリック・ポワリエ、カスパー・コーヴィッツ、畠山直哉、袁廣鳴(ユェン・グァンミン)による「Traces of Disappearance(消失の痕跡)」展を開催している。

この展示会は来場者に、儚く壊れやすい世界の現状について考えさせる。多種多様な表現メディア、芸術的手法、話法を用いることで、これらのアーティストたちとその作品が提起する数々の疑問は、今まさに消失しようとしているものを捉えるきっかけとなるだろう。

作品群は、とりわけ儚さや時の流れという問題を提起する。人と同様、永遠ではなく、「時」という概念に縛られている私たちの身の回りの物。今回登場するアーティストたちは、哲学的概念、美術的な観点から「時」という概念にアプローチしている。

「消失」に重きを置いた5つの作品は、記録された集合的記憶と、記録されない集合的記憶(アンヌ&パトリック・ポワリエ『Soul of the World』)、「聖地」(カスパー・コーヴィッツ『The Sheer Size of It』)、理想の地(畠山直哉『Mont Ventoux』)、果てはデジタルメディアを用いて再現された人工的な自然界(袁廣鳴 『Disappearing Landscape-Reason to Be a Leaf』)で、一つの旅のように観て回ることができる。

【アーティストについて】
■畠山直哉
岩手県陸前高田市に生まれ。1997年には木村伊平写真賞、2001年には毎日芸術賞を受賞。2012年のヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展では、建築家の伊藤豊雄をコミッショナーとする日本館でのインスタレーション、『Architecture. Possible here? Home-for-All』に参加、重要な役目を果たした(なお、この日本館は「金獅子賞」を獲得)。

■カスパー・コーヴィッツ
オーストリアに生まれ。ロサンゼルス(米国カリフォルニア州)とベイルート(レバノン)を拠点に活動。。風景に焦点を合わせ、自然と深く結び付きながら、非伝統的な素材の探求を通じて、アイコニックなイメージの見直しを迫る作品は欧州の数多くの美術館で展示会に展示された。

■アンヌ&パトリック・ポワリエ
2人はパリの国立装飾美術学校で学んだ。文学、哲学、歴史、考古学、建築にインスパイアされた要素が交錯する2人の作品は、国際的に評価され世界各地で紹介されてきた。 2人は40年間の共同制作の傍ら、多くの展覧会を開催している。

■袁廣鳴(ユェン・グァンミン)
台湾・台北に生まれる。台湾におけるビデオアートのパイオニア。作品においては、象徴的なメタファーを技術的メディアと組み合わせ、現代的な存在の有り方を雄弁に表現するとともに、人間の精神と意識を深く探る。

【展覧会概要】
「Traces of Disappearance(消失の痕跡)」展
期間:2014年1月18日(土)〜4月13日(日)
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所:東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7F
時間:12:00〜20:00
​入場料:無料

エスパス ルイ・ヴィトン東京で4組のアーティストによる展覧会開催 - テーマは“時”

2014年1月20日 - 未分類

Graphic by © Hideki Inaba, 2013

エスパス ルイ・ヴィトン東京で2014年1月18日(土)から4月13日(日)までアンヌ&パトリック・ポワリエ、カスパー・コーヴィッツ、畠山直哉、袁廣鳴(ユェン・グァンミン)による「Traces of Disappearance(消失の痕跡)」展を開催している。

この展示会は来場者に、儚く壊れやすい世界の現状について考えさせる。多種多様な表現メディア、芸術的手法、話法を用いることで、これらのアーティストたちとその作品が提起する数々の疑問は、今まさに消失しようとしているものを捉えるきっかけとなるだろう。

作品群は、とりわけ儚さや時の流れという問題を提起する。人と同様、永遠ではなく、「時」という概念に縛られている私たちの身の回りの物。今回登場するアーティストたちは、哲学的概念、美術的な観点から「時」という概念にアプローチしている。

「消失」に重きを置いた5つの作品は、記録された集合的記憶と、記録されない集合的記憶(アンヌ&パトリック・ポワリエ『Soul of the World』)、「聖地」(カスパー・コーヴィッツ『The Sheer Size of It』)、理想の地(畠山直哉『Mont Ventoux』)、果てはデジタルメディアを用いて再現された人工的な自然界(袁廣鳴 『Disappearing Landscape-Reason to Be a Leaf』)で、一つの旅のように観て回ることができる。

【アーティストについて】
■畠山直哉
岩手県陸前高田市に生まれ。1997年には木村伊平写真賞、2001年には毎日芸術賞を受賞。2012年のヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展では、建築家の伊藤豊雄をコミッショナーとする日本館でのインスタレーション、『Architecture. Possible here? Home-for-All』に参加、重要な役目を果たした(なお、この日本館は「金獅子賞」を獲得)。

■カスパー・コーヴィッツ
オーストリアに生まれ。ロサンゼルス(米国カリフォルニア州)とベイルート(レバノン)を拠点に活動。。風景に焦点を合わせ、自然と深く結び付きながら、非伝統的な素材の探求を通じて、アイコニックなイメージの見直しを迫る作品は欧州の数多くの美術館で展示会に展示された。

■アンヌ&パトリック・ポワリエ
2人はパリの国立装飾美術学校で学んだ。文学、哲学、歴史、考古学、建築にインスパイアされた要素が交錯する2人の作品は、国際的に評価され世界各地で紹介されてきた。 2人は40年間の共同制作の傍ら、多くの展覧会を開催している。

■袁廣鳴(ユェン・グァンミン)
台湾・台北に生まれる。台湾におけるビデオアートのパイオニア。作品においては、象徴的なメタファーを技術的メディアと組み合わせ、現代的な存在の有り方を雄弁に表現するとともに、人間の精神と意識を深く探る。

【展覧会概要】
「Traces of Disappearance(消失の痕跡)」展
期間:2014年1月18日(土)〜4月13日(日)
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所:東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7F
時間:12:00〜20:00
​入場料:無料