未分類

エドウインが大阪で10年ぶりの大型総合展開催 「リー」来春夏企画はトータル提案を強化

2013年10月17日 - 未分類
メンズのトータルコーディネイト

メンズのトータルコーディネイト

エドウインは10月8日~17日まで、東西で「エドウイン」「サムシング」「リー」「ラングラー」「アルファインダストリー」の自社5ブランドを集めた2014春夏総合展示会を開催した。とくに大阪で大規模な総合展示会を開催するのは10年ぶりとなる。今回はその中でもとくに「リー」の来春夏企画にスポットライトを当てたい。

2000年からセレクトショップ対応を強めたのが「リー」の特徴。かつては「エドウイン」と同じく大型ジーンズカジュアルチェーン店を主販路としていたが、売上高が伸び悩んでいたため、セレクトショップへと方向転換した。13年が経過しブランド全体の売上高も拡大したが、何よりもレディースが爆発的に伸びた。現在はメンズとレディースの売上高は半々の割合だという。また昨年からキッズも本格展開を開始し、子供服専門店での取り扱いが増えている。