未分類

クロエ、60年の歴史を振り返る写真集「クロエ アティテュード」出版 - ドーバーでアーカイブを展示

2013年11月11日 - 未分類

仏ラグジュアリーブランド、クロエ(Chloé)の60周年を振り返る作品集『クロエ・アティテュード(Chloé Attitudes)』(RIZZOLI刊)の出版を記念し、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)で、本書でも紹介されている歴代のデザイナーによるアーカイブピースを展示するスペシャル・インスタレーション・イベントを開催する。

当イベントではスペシャルディスプレイを設け、本書の他、特別に製作された日本語訳書も限定発売。本書と日本語訳書はクロエの直営店でも販売される予定だ。

1953年に誕生したクロエは、オートクチュールのクラフトマンシップをより幅広い層の人々が手にすることを可能にした「ラグジュアリー・プレタポルテ」と呼ばれるアイデアをいち早く考案。1964年には当時若干28歳のカール・ラガーフェルドをデザイナーに、また1997年からは26歳だったステラ・マッカートニーがデザインチームに加わるなど、後のファッションシーンを牽引する重要人物を早くから起用するといった側面を持つ。クロエを大きく甦らせたフィビー・ファイロ、2011年よりクリエイティブ・ディレクターを務めるクレア・ワイト・ケラーに至るまで、歴代のデザイナーたちの仕事が本作品集に収められた。

 
写真・右の、若きカール・ラガーフェルドが手がけた1971年のドレスには、今と同じ「Chloé」のロゴプリントが見られる。
ブランド名「クロエ」は創業者のギャビーの親しい友人の名前からつけられた。

ドーバー ストリート マーケット ギンザで開催中のイベントでは、カール・ラガーフェルドの作品を中心にアーカイブピースを展示している。創業者、ギャビー・アギョンによる1963年のシルクジャカードのスーツをはじめ、カールの1971年のカラーブロッキングのシルクのショールとスカートのルック、1983年のスパンコールで表現したシャワードレスや矢印を象った印象的なアローズモチーフのドレス、そして、まるで空を翔るように連なる馬のグラフィックから自由な空気を感じるステラ・マッカートニーの2001年のドレスなど、クロエの歴代のデザイナーの作品を間近で楽しめる、貴重な機会だ。


本書には、ステラ・マッカートニーがデザインしたデザインしたドレスをまとった、ケイト・モスの姿も。

装丁も美しい『クロエ・アティテュード』は、メゾンのダイナミズムやモダニティを、エレガントなデザインと数々の美しい写真を通して伝える一冊。写真は、ジャンルー・シーフ、ヘルムート・ニュートン、ギィ・ブルダン、デボラ・ターバヴィル、パトリック・ドゥマルシュリエといったフォトグラファーが撮影したものだ。本書はクロエはもちろん、ジル・サンダー、ヨウジヤマモトなど数多くのブランドのアートディレクターを務める伝説的なアートディレクター、マーク・アスコリによって手がけられた。また創業者のギャビー・アギョンやロンドンのファッション・ジャーナリスト、サラ・モワーなどが寄稿している。

【イベント概要】
開催期間:2013年11月11日(月)~12月12日(木)
場所:ドーバー ストリート マーケット ギンザ
住所:東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ西館
TEL:03-6228-5080

【書籍情報】
『Chloé Attitudes』
序文:ギャビー・アギョン、テキスト:サラ・モワー、アートディレクション:マーク・アスコリ
ハードカバー (9.5センチ×13センチ) 全272ページ カラーフォト300点
価格:英語版 ¥9,450、日本語訳書hq<別売り> ¥3,150

【書籍の問い合わせ先】
クロエ インフォメーションデスク
TEL:03-4335-1750