未分類

【インタビュー】ファレル・ウィリアムス、新作「GIRL」やコム デ ギャルソンとの新香水について語る

2014年5月22日 - 未分類

2014年4月30日(水)に最新アルバム「GIRL/ ガール」をリリースし大ヒットになっているファレル・ウィリアムス。2014年に行われたグラミー賞で、最優秀プロデューサー賞ほか、計4部門で受賞も果たし、ダフトパンクの「Get Lucky」にヴォーカルとして参加。また、アルバムに収録されたシングル「HAPPY」が大ヒットし、世界中を幸せで包み込んだ。日本版ミュージックビデオもNIGOが監修、登場人物の豪華ぶりが話題を集めている。そして最近はユニクロ(UNIQLO)コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)とのコラボも発表。音楽界のオシャレ番長ぶりも多いに発揮している。

そのファレルが先日、プロモーションのために来日を果たした。滞在中はコム デ ギャルソンやシャネル(CHANEL)ドーバー ストリート マーケット ギンザ等へショッピングへ。日本のまい泉のカツサンドと、C1000ビタミンレモンが大好きだというファレル。その愛好ぶりは、日本に到着した際・日本を発つ際の両方の成田空港で、C1000ビタミンレモンを手にする姿がキャッチされるほど。さらにオフには京都を訪ね、清水寺へ行ったり祇園で舞妓さんに会ったりと、京都観光を楽しんだようだ。

そんな彼へ今回、インタビューを敢行。最新作や日本への愛、ファッションについて話を聞いた。

「Happy」 は全米シングルチャート(Billboard HOT100)で10週連続1位を記録しました。また世界中のファンが「Happy」のオマージュ・ビデオを作成するなど「Happy」はまさに世界の人々をハッピーにしていますが、この曲がここまで世界中から受け入れられた理由は、自分では何だと思いますか?

正直なところわからないんです。その質問の答えは自分にも。でもだからこそ、ありがたいといつも感じているし、できる限りみんなに感謝の気持ちを伝えたいと思っています。なぜなら、これは全てみんなのお陰で起きたことだから。今の質問の答えがわからないこそ、みんなへの感謝も2倍。そもそも凄く嬉しいことなのに、なぜそうなったのかわからないから、なおさら嬉しい。そして自分の作品がこれほどまでに熱く受け入れられて、自分はなんて幸運で恵まれているのかということに気づく。とにかく感謝の気持ちで一杯ですよ。

先日公開されたNIGOディレクターによる「ハッピー」日本版ミュージック・ビデオには、沢山の日本の著名人に加え、貴方自身が参加していることも話題を呼んでいますが、NIGOからこの話を聞いたときどう思いましたか?

NIGOから話をもらった時、まず彼にやっと会えて光栄だと思ったのと、彼ならいいものを作ってくれるという確信もあって、実際その通りになりました。それと、何が素晴らしいって、彼こそが初めて自分に本当の東京を紹介してくれた張本人。正に適任だと思いました。当時レーベル・スタッフとNIGOが東京を案内してくれて、彼から見た東京を体験することができたんです。自分たちが共感するだろうと彼が考えるものを見せてくれて、実際にその通りでした。東京は魅力で溢れています。だから…、これは自分なりに日本の皆へ「ありがとう」と伝えているんです。

その気持ちは初めて東京に来た時からずっと持ち続けていて、日本から持ち帰ったものの一つでもあります。いろいろな意味があって、いろいろなカルチャーがある。でも、私にとっては心の底からの感謝の気持ちであり、最も精神的に落ち着く場所。私がNIGOを通して知った世界は計り知れないですよ。その彼がビデオを監督してくれたことは、正に自分にとっての原点回帰。彼は本当に東京の様々な面を見せてくれました。彼が東京を象徴するようなビデオを監督してくれたこと、しかもあの曲で、というのは宇宙による、この上ない親切な計らいだったとしか思えないですよ。

貴方は日本を「第2の故郷」と公言している程の親日家ですが、具体的に日本の何が貴方を魅了するのでしょう?

平静さ。穏やかさです。

東京はかなり喧噪に満ちていると思いますが?

私にとっては違う。静かで落ち着いていると思います。この地球上に存在する中で最も礼儀正しい文化だと思う。日本の穏やかさは他では味わえないですよ。

もし東京以外の場所で、お気に入り、もしくは印象的だった場所があれば、理由と共に教えてください。

マイアミが大好き。パリも大好き。でも東京が私にとっての「第二の故郷」です。

日本で東京以外の場所で印象的だったのは?

京都や大阪でしょうか。あともう一カ所あるんですが……、 名前が思い出せないんです。

現在のユニクロとのコラボ等を筆頭に貴方はファッション界でも注目を集めていますが、貴方が自身のコーディネイトで一番大事にしていることは?

誰であろうと、例えどんなに保守的なファッションの人であっても、服装がその人自身を投影していると思います。保守的なファッションの人は、どこかで保守的であることを望んでいる。肌をたくさん見せる人は、自分をさらけ出したいんでしょう。服装はその人がどんな人なのか、何を考えているのか、どんな気分なのかを表している。どんなに覆い隠そうとしても、その人の人となりが表れるんです。そして私が大事にしているのは3つのこと、朝起きた時の気分、何処へ行くのか、そこの気候、その3点!

2014年秋にコム デ ギャルソンより「GIRL」という名のフレグランスが発売されることが発表されましたが、このフレグランス発売に至った経緯を教えてください。

コム デ ギャルソンのエイドリアンとレイとは前から何か一緒にやろうという話をしていて、フレグランスはどうかということになったんです。そこから1年程開発に費やしています。

ご自身も開発に深く関わっているのですか。

ええ。

どういうものを目指したのでしょうか?

ユニセックスだから男女とも使えます。私がこだわったのは使う成分。ただ、それについては話してはいけないと言われているんでここまで。でも、自分は凄く気に入ってます。そして女性にも好評。順調に進んでいると思います。

【アルバム詳細】
ファレル・ウィリアムス
『GIRL / ガール』
SICP-4129 スペシャル・プライス\2,200+税
日本盤のみのボーナス・トラック「スマイル」収録

<収録曲>
1. Marilyn Monroe / マリリン・モンロー
2. Brand New (duet with Justin Timberlake) / ブランド・ニュー (with ジャスティン・ティンバーレイク)
3. Hunter / ハンター
4. Gush / ガッシュ
5. Happy / ハッピー
6. Come Get It Bae / カム・ゲット・イット・バエ
7. Gust Of Wind / ガスト・オブ・ウィンド
8. Lost Queen / ロスト・クイーン
9. Know Who You Are (duet with Alicia Keys) / ノウ・フー・ユー・アー (with アリシア・キーズ)
10. It Girl / イット・ガール
【日本盤のみのボーナス・トラック】
11. Smile / スマイル