未分類

ロベルト カヴァリ、ヴァレンティノがケイティ・ペリーのツアー衣装をデザイン

2014年5月8日 - 未分類

ロベルト カヴァリ(roberto cavalli)ヴァレンティノ(VALENTINO)が、アメリカの人気歌手、ケイティ・ペリー(Katy Perry)のツアー「Prismatic World Tour」の衣装を制作している。このツアーは2014年5月7日(水)からイギリス・オデッセイでスタートした。どれも大ヒット中の最新アルバム『プリズム(PRISM)』にふさわしいデザインだ。

 

今回、ロベルト カヴァリが手がける衣装は2種類。ロベルト カヴァリの万華鏡のような刺繍のドレス「Kaleidoscope Brode」は刺繍とともにドレス一面にプリズムクリスタルや、シークイン、玉虫色に輝くバゲットが施されている。

もうひとつ、黄金虫色に輝くクロコダイルの衣装「Crocodile Scarab」は、プリーツスカートとマイクロトップスのコーディネート。グラフィッククロコダイルのミラー加工されたマルチカラーレザーによって、多重反射効果が創られている。またミニバイカージャケットの素材としては、ホログラフィックの爬虫類モチーフのプリントレザーを採用。

これまでロベルト カヴァリは、ビヨンセ(Beyoncé)やマイリー・サイラス(Miley Cyrus)などの衣装も手がけている。

オーガンジーにチョウが舞う、幻想的なドレスとケープは、ヴァレンティノのオートクチュール。クリエイティ ブ・ディレクター、マリア・グラツィア・キウリとピエールパオロ・ピッチョーリにより特別にデザインされた。ケイティ・ペリーが着ているのは、自由に舞う大小ののチョウを全身に描いたロマンティックなドレスと、マルチカラーのチョウの羽が描かれたスパンコールのマント。ケイティ・ペリーの虹色のヘアカラーにシンクロして、ファンタジックな世界を演出している。