未分類

コーチ、ヴィヴァース就任後の初ビジュアルはスティーブン・マイゼルが撮影

2014年7月16日 - 未分類

コーチ(COACH)の2014年秋のコレクションの広告キャンペーンが発表された。

本キャンペーンは、スチュアート・ヴィヴァースの初コレクションとなるレディ トゥ ウェアとアクセサリーを全面に打ち出している。アーティスティックディレクターは、ファビアン・バロン、撮影を担当したのは、スティーブン・マイゼルだ。

モデルには、レキシー・ボーリング、レオナ・ビンクス・ウォルトン、ヴァネッサ・ムード、ハーレス・クーシック、グレイシー・ヴァン・ガステル、イッサ・リッシュ、デイヴィッド・アレクサンダー・フリンといったファッション界の輝かしい新星たちが起用されている。

また、コレクションに色調のヒントを与えた、写真家のジョエル・スターンフェルドの作品の数々も本キャンペーンのヴィジュアルに採用。ニューヨークのランドマークであるウエストマンハッタンの空中緑道 「The Highline」を撮影した『Landscape with Path』シリーズの作品に、スティーブン・マイゼルが撮り下ろしたポートレートを組み合わせた。

スチュアート・ヴィヴァースは以下のように語る。「このキャンペーンには、コーチのブランドの心髄にある自由さと、スターンフェルドとマイゼルの写真が醸し出すどこか懐かしいノスタルジックな趣とが共存しています。この写真たちが大胆に、そしてモダンな表現で重ねあわされる様こそ、コーチの新しいビジョンを表しているように思います」。