未分類

コーチ、次世代アーティストを起用したキャンペーンビジュアルが登場

2014年9月25日 - 未分類

コーチ(COACH)は、ブランドの真髄である個性、本物志向、本質的なクールを体現するアップカミングなアーティストたちのポートレートを撮り下ろした「Coach Dreamers」のキャンペーンビジュアルを公開した。

キャンペーンには、4人の注目アーティストを起用。バンドLOLAWOLFのメンバーであり、最近は女優として映画『ダイバージェント』に出演したゾーイ・クラヴィッツ(Zoë Kravitz)、ロサンゼルス生まれのシンガー兼ミュージシャンであるバンクス (BANKS)、またイスラエル系アメリカ人女優で、映画『ザ・ギバー』に出演したオデーヤ・ラッシュ(Odeya Rush)、そして大ヒットドラマ『Girls』でチャーリーを演じているクリストファー・アボット(Christopher Abbott)といった4人のポートレートの描写を初披露する。

また、撮影をマイケル・ジャンソン(Mikael Jansson)、スタイリングをカール・テンプラー(Karl Templer)、ディレクションをファビアン・バロン(Fabien Baron)が手がけた。

コーチのエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターであるスチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)はこう語る。「アメリカンドリームという発想は、型にはまらない自分らしい生き方を志向する独立独歩の精神であり、これは世界に通じるものです。このキャンペーンは、若き4人の生き方を垣間見せてくれます。コレクションの個性と雰囲気を捉えながら、それぞれが独自のスタイルで着こなしているのが特徴的で、クール、エフォートレス、陽気さ、そして束縛されることのないおおらかな自由が表現されていますが、その全てがコーチのブランドスピリットに触発されたものです」。

キャンペーンでは、スチュアートのビジョンと共に新世代のアーティストが輝きを放っている。彼が刻む新しいリズムはとてもエキサイティングで、それがコーチに新たな瞬間をもたらしていると言えるだろう。