未分類

コーチバッグ内側のレザータグ(レザープレート)について

2014年3月20日 - 未分類


                           

コーチの内側についているレザータグ(レザープレート)。

1 レザープレートからわかること

レザープレートには製造工場、製造年月日、直営店、アウトレット、どちらの商品のバッグなのかもわかるようにコーチ独自の暗号で記入されています。

コーチにプラスティックのコントロールカード(保証書)がついていないのはこのレザータグがバッグ本体に縫い込まれている為です。

コーチのコントロールカードに関しましては一部の国(シンガポールのコーチ直営店)でまれについている場合もあります。

質屋ではこのレザープレートをしっかり鑑定することで、本物か偽物かを調べるお店もあります。

2 そんなとっても重要なレザープレートが付いていないコーチって信用できるの?

レザープレートが実際ついていないコーチブランドのバッグは存在します。

もちろんコーチ直営アウトレットで販売されて、レシートも持っている本物のコーチブランドバッグです。

小さめのバッグにレザープレートが付いていない場合が多いです。(もちろん小さめでもついているものもたくさんあります)

そんな時は、ヤフーショッピングや楽天で検索して、他のお店でも同じスタイル番号のバッグにレザープレートが付いていないのを確認することをお勧めします。

このスタイルナンバーのバッグはレザープレート(タグ)がついていない。

というふうに、スタイルナンバーごとに統一されています。

逆に考えると同じスタイルナンバーなのに、レザープレートが付いているものと、ついていないものに分かれる場合はどちらかが偽物。ということになります。

この場合もレザープレートが付いているバッグが本物でついていないバッグが偽物。とすぐに判断せずに、他のお店の同じスタイルナンバーのバッグをたくさんリサーチ(調査)されることをお勧めします。

3 お財布に関して

お財布に関してはレザープレートが付いていない場合がほとんどです。

偽物でSランクのお財布が作られて市場に出回っても、鑑定しにくいのはこのレザープレートがついていないためかもしれません。

※ 最近の偽物のお財布の傾向として

ステッチ(縫い目)は本物よりもしっかりと丁寧に縫われていますが、縁取りのレザーの部分が合皮である場合が多いです。

ずらっと、私が知っていることを書いてみました。

良くわかったけど、でもやっぱり、心配だわ。

というお客様。

そんな時は仕入れルートのしっかりしたワールドドライブでぜひコーチのバッグをセレクトしてみませんか?

お客様のご来店を心よりおまちしております。

 

COACH コーチバッグを通販しています。新作、斜めがけ、激安、格安なバッグをヤフーショッピングストアーに出店中です。ワールドドライブはコーチが認める販売店ではありません。コーチとは全く関係のないネットショップです。独自でアメリカのコーチアウトレットから輸入、ネット販売を手掛ける会社です。もちろん、本物、新品未使用のみを販売しています。