未分類

サイケアートの巨匠、田名網敬一×伊アイウェア「SUPER」のコラボレーション

2014年2月4日 - 未分類

サイケデリックな作風で有名な、日本を代表するグラフィックデザイナー田名網敬一とイタリアのアイウェア「SUPER(スーパー)」がコラボレーション。SUPERの2014年春夏コレクションとして発表した。

 

2007年デビューしたアイウェアブランド「SUPER」は、イタリアのファッションやミュージックを扱う雑誌『PIG MAGAZINE』の発行人であるダニエル(Danie)とシモン・ベッカーマン(Simon Beckerman)の2人が立ち上げたブランド。「自分たちが発行するマガジンのファッションスタイルや音楽スタイルに合うサングラスがない」という発想から、スタートさせた。オリジナルテキスタイルを用いたファッション性を追求したアイウェアを展開する。

ハンドメイド仕上げにも関わらず、価格をリーズナブルに抑えることで、若年層からも支持を得ている。また、レンズには有名なドイツ製のツァイス(ZEISS)社のものを使用。ロンドンのリバティー(Liberty)やニューヨークのバーニーズ ニューヨーク(Barneys New York)など有名セレクトショップを中心に、世界で400拠点以上の店舗で取り扱われている。デビッド・ベッカム(David Beckham)、レディガガ(LADY GAGA)、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、ビヨンセ(Beyoncé)、リアーナ(Rianna)、ケイティ・ペリー(Katy Perry)、ジェシカ・アルバ(Jessica Alba)、オノ・ヨーコ(Ono Yoko)、アレクサ・チャン(Alexa Chung)などのセレブリティも愛用しているそう。

SUPERの2014年春夏のテーマは 「Motorpsycho」。映画『イージーライダー』に代表されるバイカーカルチャーやサイケデリアなど70年代を象徴するサブカルチャーからインスパイアされており、更に近代日本におけるモダンポップアートの第一人者である田名網敬一のアートをオリジナルプリントに使用することで、他にはない独自の世界観を演出したアイウェア作品が完成した。全3型展開されており、それぞれオリジナルBOX入りだ。

■田名網敬一/KeiichiTanaami
1936年東京生まれ。
武蔵野美術大学デザイン科卒業後、博報堂の制作部に勤めたが会社外の仕事が忙しく、1年で退社。
その後、アニメーションや版画、イラストレーション、エディトリアル・デザインなど前衛的で遊びに満ちた様々な創作活動を行う。
1975年に日本版『PLAYBOY 』誌の初代アートディレクターに就任する。
デザイン分野で、日宣美「特選」などを受賞する一方、映像による実験制作を試み続け、作品はオーバーハウゼン国際短編映画祭、エディンバラなど世界各地の映画祭、映像展で上映された。
1987年にはフランスのアヌシー・シャトウ美術館で個展、1992年には池田20 世紀美術館で「田名網敬一の世界」展が開催された。91年より京都造形芸術大学教授に就任。現在は同大学情報デザイン学科・学科長を務める。

【問い合わせ先】
BLUES
TEL:03-6438-9913
URL:www.bluesinc.jp