未分類

シュウ ウエムラが2014年からユニフォームを一新 - デザイナーはウエムロ ムネノリ

2013年12月16日 - 未分類

2014年1月1日(水)よりシュウ ウエムラのビューティ スタイリストのユニフォームが新デザインへと変わる。新ユニフォームのデザインを手がけたのは、ウエムロ ムネノリ(uemulo munenoli)のデザイナー、上榁(うえむろ)むねのり。

シンプルかつモダンで、控えめな表現の中に、洗練された雰囲気と女性らしさを持ち、細部にも気配りが行き届いた上榁のデザインに対する姿勢は、シュウ ウエムラの創始者、植村秀が大切にしていた「シンプル&リッチ」という考え方と非常に共通することから、シュウ ウエムラは上榁に今回のプロジェクトを依頼。

シュウ ウエムラのブランドカラーである黒と白を基調とし、ジャケットアイテムとしてライダースを選択。制服の既存のイメージを超えた制服となった。

上榁は今回のデザインについて、「実際現場で着用する物であることから動きやすさはもちろんの事、機能性とデザインの融合が一番のキーでした。どんな職業より身体的にもお客様とかなり近い距離でお仕事をされるという事想定して『近づけば近づくほど美しい服』を常に意識してデザインしました」とコメント。

新ユニフォームはグローバルデザインとして女性用24パターン、男性用8パターン。日本では女性用4パターン、男性用2パターンが着用される。全世界のシュウ ウエムラ ビューティ スタイリストが2014年1月より随時新ユニフォームの着用を開始する。