未分類

ジョナサン・ザワダの個展「TOUCHINGLY UNFEELING」が東京・西麻布で

2014年9月5日 - 未分類

 

2014年9月13日(土)から10月5日(日)までの期間、東京・西麻布のCALM&PUNK GALLERYにて、LAを拠点に活動するアーティスト、ジョナサン・ザワダ(Jonathan Zawada)の日本初となる展覧会「TOUCHINGLY UNFEELING」が開催される。

ジョナサン・ザワダは、アナログとデジタルの技法を織り交ぜて表現されるアートワークやデザインが特徴。グラフィックデザイナーとしてのキャリアも持ち、今までにBMW、ワープレコーズ、ハーマンミラー、ナイキ(NIKE)ユニクロ(UNIQLO)、などのクライアントとコラボレーションワークを行ってきた。

かつては、シドニーを拠点にグラフィックデザイナーとして活動していたが、2011年にLAに拠点を移してからは、よりファインアートにフォーカスし、そのアートワークと動向は世界中から注目を集めている。

日本初となる今回の展覧会は「TOUCHINGLY UNFEELING」と題され、極端な対比と参照を、プリントやスカルプチャー、ビデオ作品など様々なメディアで構成・提示。「生活と社会のデジタル化」といったテーマや、「デジタルの世界で行動すること」に関する問題提起を、鑑賞者に投げかける。

【開催概要】
TOUCHINGLY UNFEELING
会期:2014年9月13日(土)~10月5日(日)
※9月12日19時より、Jonathan Zawada本人を迎え、オープニングレセプションを開催。
時間:12:00~19:00 ※月曜日休廊
入場:無料
会場:CALM&PUNK GALLERY
住所:東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F