未分類

ジーンズレポート 今こそジーンズ消費に新しい付加価値の観点を

2014年7月9日 - 未分類

甲賀 一郎

■エドウインの体制刷新と業界の今後

2012年の8月に端を発したエドウインの財務事故問題にようやく結論が出たようだ。本業とは別の財テク証券投資運用の失敗による百億円単位の欠損を伊藤忠商事が担保する形でのADR(法廷外紛争処理)が決定し、2014年7月からは伊藤忠から派遣された人材が経営トップとして機能する。本業としてのジーンズアパレルは順調であり、その部分の利益体質も健全である。仕入先も売先である専門店、デパートなどからも従来通りの取引の継続を切望する声が多かっただけに業界としては安堵しているというのが実態のようだ。