未分類

スイス発の注目ウォッチブランド「テンデンス」の日本1号店が表参道にオープン

2014年2月13日 - 未分類

2014年3月1日(土)に、スイス生まれのウォッチブランド テンデンス(Tendence)の国内初となる旗艦店が東京・表参道にオープンする。

テンデンスは、2007年にスイスのルガーノで誕生し、「イタリアデザインのファッションウォッチ」を提案しているブランド。ウォッチは50㎜のビッグフェイスと、存在感のあるカラフルな配色が特徴で、世界中のセレブたちも愛用されている。パリ、ニューヨーク、ミラノ、ベルリン、香港、上海で販売され、現在では世界50カ国以上の百貨店やセレクトショップにて販売。日本ではラブレス(LOVELESS)などのセレクトショップで取り扱いされている。

 
左から) GULLIVER Round 各¥38,850、FANTASY 各¥24,150

今回オープンする表参道の1号店では、ユニセックスのウォッチを約100種類ラインナップ。ブランドの代名詞ともいえる「GULLIVER Round」、大胆でポップなカラーリングが特徴の「CRAZY」、モータースポーツからインスパイアされた「SPORT Carbon Fiber」、ベゼル、ダイヤルの輝くスワロフスキーが印象的な「GLAM」など、バリエーション豊かに展開される。

 
左から) ICON-Iconic 各¥52,500、CHARME-natural 各¥44,100

またテンデンスは、2月14日(金)に新作ウォッチを発売。パイレーツやキング、ジョーカーに変身したスカルのキャラクターが文字盤に描かれた「ICON-Iconic」は、骨やナイフのモチーフを時分針に使用したインパクトのある一本。「CHARME-animal」は、野生動物をイメージしたシリーズで、キリン、ゼブラ、タイガー、レオパードといったアニマル柄のへゼルがポイントになっている。ミラーのダイヤルやシャイニーカラーのベルトを合わせ、スタイリッシュで遊び心のある一品に。

その他にも、アクア、ウッド、アース、エアーなど自然界の元素からインスピレーションを受けてデザインされた「CHARME-natural」も登場。壮大なコンセプトのウォッチは、パールの文字盤や鮮やかなへゼルが美しい仕上がり。

店内はホワイトを基調とした内装でクリーンな印象。大きなソファも用意されているほか購入者にはドリンクを提供するなど、ゆっくりとショッピングできる雰囲気を演出する。今回のオープンを記念し、ショップでは日本限定ウォッチなども発売する予定。ブランドの商品が一堂に集結した旗艦店に、ぜひ足を運んでみて。

【ショップ情報】
テンデンス 表参道旗艦店
オープン日:2014年3月1日(土)
住所:東京都渋谷区神宮前5-46-16 イルチェントロ・セレーノ1階

※価格は全て2014年3月時点。