未分類

スタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」 公開 - 英・児童文学を原作に、2人の少女の友情描く

2014年7月15日 - 未分類

2014年7月19日(土)、スタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」が全国の劇場で公開される。

原作はジョーン・G・ロビンソンというイギリスの作家による1967年の児童文学の名作で、2010年に公開し興収92.5億円の大ヒットとなった作品「借りぐらしのアリエッティ」を手がけた米林宏昌が監督を務める。

キャッチコピーに、“この世には目に見えない魔法の輪がある”とあるが、これは上下巻で構成される原作の一節からとられたもの。

原作のあらすじは『養い親のもとを離れ、転地のため海辺の村の老夫婦にあずけられた少女アンナ。孤独なアンナは同い年の不思議な少女マーニーと友達になり毎日二人で遊びます。ところが、村人は誰もマーニーのことを知らないのでした』というのが上巻。さらに下巻では『ある日、マーニーは無人のさびしい風車小屋でアンナを置き去りにし、姿を消しました。彼女を探すうちにアンナは、マーニーの思いがけない秘密を知りました…』と続き、ストーリーはミステリアスに展開してく。

映画では舞台をイギリスから日本に置き換え、思春期の内省的な女の子・杏奈が謎の少女・マーニーとの交流を通じて心を開いていく様子や、2人の友情が瑞々しく描かれたファンタジー作品だ。

また、今作の公開を記念して、2014年7月18日(金)から8月4日(月)まで「思い出のマーニー」公開記念フェアが有楽町マルイで開催される。

期間中は、「となりのトトロ」「魔女の宅急便」や最新作「思い出のマーニー」など、スタジオジブリ作品のグッズが勢揃いするほか、「思い出のマーニー」グッズを含む、税込1,080円以上を購入すると、「マーニー指人形(ピンクドレス・非売品)」がプレゼントされる。

【作品情報】
「思い出のマーニー」
公開日:2014年7月19日(土)
原作:ジョーン・G・ロビンソン「思い出のマーニー」
脚本:丹羽圭子・安藤雅司・米林宏昌
監督:米林宏昌
音楽:村松崇継
特別協賛:ローソン・読売新聞
配給:東宝
スタジオジブリ・日本テレビ・博報堂DYMP・ディズニー・三菱商事・東宝・KDDI 提携作品
©2014 GNDHDDTK

【公開記念フェア】
期間:2014年7月18日(金)〜8月4日(月)
時間:11:00〜21:00(日・祝は10:30〜20:30)
会場:有楽町マルイ 1Fカレンダリウム
住所:東京都千代田区有楽町2-7-1