未分類

セレブ達がハマったNY発の焼きたてクッキー「ソウルスナックス」日本上陸・銀座に出店

2014年4月28日 - 未分類

2014年5月3日(月)、銀座ショコラストリートに第5のブランドが登場。NYミュージシャンやセレブ達が愛する、焼きたてクッキーブランド「ソウルスナックス」の路面店がオープンする。

ソウルスナックスは1996年設立のアメリカンスナックブランド。ソフトクッキーをメインに、ウーピーパイなどアメリカンテイストの商品を多数展開。本国では、ニューヨークを中心に約200店舗で販売される人気ブランド。

創業者は、全米No.1ヒット曲を出した「Chic」のドラマー ラルフ・ロール。21年間、久保田利伸のミュージックダイレクターと専属ドラマーとしても活躍している。そんな彼の作るクッキーは、今年、異例のグラミー賞3冠を受賞したナイルロジャースをはじめ、ジェニファー・ロペス、久保田利伸らにも愛されている。

ソウルスナックスのルーツはソウルミュージックを生み出したブラックカルチャー。日曜日に教会でゴスペルを合唱し、ブランチとして、ソールフードをコミュニティーの人々と一緒に食べる習慣。ラルフ・ロールの祖母は、ブランチの際にパン、クッキー、ケーキを焼き人々に振る舞っていた。さらに、より安全な素材と手作りでおいしく仕上げることにこだわり、子供でも安全に食べることができるクッキーを作り始めたのが、ソウルスナックスの原点。

ラルフ・ロール自身も一切口にしない化学調味料を使わず、全て手で作り上げるソウルスナックスのクッキーは一般的なアメリ カのものよりも、甘すぎず、しっとりとした食感が特徴。また、ソウルフードのルーツから、直系10cmという大きくボリューミーなのも魅力。ソウルスナックス銀座本店では、注文後に焼き上げる。その場で焼きたて熱々の状態で食べるスタイルは、ニューヨーカーセレブの新常識。ミュージシャン達がハマった、焼きたてのクッキーをぜひ銀座で試してみて。

【プロフィール】
ラルフ・ロール:1980年代、全米No.1ヒット曲を叩きだした「Chic」のドラマーとして有名なミュージシャン。音楽での繋がりを通して、スティング、 ジェニファーロペス、ウーピー・ゴールドバーグ、スティービー・ワンダー、ボーイズ2メン、ヴァネッサ・ウィリアムズ、クリスタル・ケイなど多くのセレブミュージシャンや著名人と競演を果たした

【概要】
ソウルスナックス銀座本店
住所:東京都中央区銀座5-5-9 オージオ銀座ビル1階

問い合わせ先:
ショコラコンコース 03-6264-1522