未分類

ティンバーランドより、ハイテク×レザーコンビのボートモカシンシューズ

2014年1月14日 - 未分類

アウトドア・ライフスタイルブランド「ティンバーランド(Timberland)」が、革新的な独自のソール機能「センサーフレックス」を搭載した「ハーバーサイドボートシュー」を発表した。2014年2月より発売。価格は16,800円。

「アースキーパーズ ハーバーサイド ボートシュー」は、どんな路面の形状でもそのインパクトを最小限にする、軽量でクッション性・安定性を兼ね備えたソールのシューズだ。最高の履き心地を提供するこのソールにプレミアムレザーを組み合わせたボートモカシンシューズ。コントラストカラーは足元にアクセントを与え、タウンユースでも活躍しそう。

なお、ソール機能の「センサーフレックス」は三層レイヤーで、一歩足を踏み出す度に柔軟性を発揮し、路面に起伏を捉え、安定した歩行をサポート。最上部のスタビリテイレイヤーは安定性とサポート力、ミッドソールはセンサーのように路面の凹凸に反応し、優れたクッション性を、アウトソールのフレックスグルーブは、独立したソールデザインにより柔軟性をもたらしてくれる。