未分類

テリー・ギリアム監督最新作『ゼロの未来』孤独な天才プログラマーが見つけた“人生の意味”

2015年2月20日 - 未分類

テリー・ギリアムの監督最新作『ゼロの未来』が、春に開業するYEBISU GARDEN CINEMA、そして新宿武蔵野館ほかにて、2015年5月16日(土)より上映される。

熱狂的なファンをもつイギリスのコメディグループ“モンティ・パイソン”のメンバーであり、『未来世紀ブラジル』『12モンキーズ』という伝説の傑作をはじめ、これまで多数の映画を手掛けてきた監督テリー・ギリアム。本作では、その彼が2度のアカデミー賞に輝く名優クリストフ・ヴァルツを主役に迎え、孤独な男の心境が変化していく様子を描き出す。相手役には『海の上のピアニスト』を始め、数多くの映画で活躍するフランスの女優メラニー・ティエリー。そして『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・シューリスも登場。

時代は、コンピューターに支配された近未来。主人公・天才プログラマーのコーエンは、荒廃した教会に一人こもり、人生の意味合いを決めるという謎めいた数式「ゼロ」の解明に挑んでいた。そんなある日、パーティーに連れ出されたコーエンは、とある魅力的な女性ベインズリーと出会う。最初は困惑するものの、次第に彼女に惹かれていくコーエン。さらに「ゼロ」の秘密を知る青年ボブに対しても、徐々に友情を感じるようになる。技術者として孤独に生きてきた男が、人々とのふれあいを見つけ、愛を知り、本当の幸せに気づき始めるがーー。

奇妙な設定とストーリーに、テリー・ギリアムらしいポップな色彩とコミカルな演出で彩りを添えた本作。映画ファンならぜひとも押さえておきたい1本だ。

【作品情報】
『ゼロの未来』
監督:テリー・ギリアム
出演:クリストフ・ヴァルツ、デヴィッド・シューリス、メラニー・ティエリー、ルーカス・ヘッジズ
製作:リチャード・D・ザナック、ディーン・ザナック
原題:The Zero Theorem
配給:ショウゲート
2015年5月16日(土) YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館他にてロードショー
© 2013 ASIA & EUROPE PRODUCTIONS S.A. ALL RIGHTS RESERVED.