未分類

ディオールオムが上海 再注目の美術館でショー - 壁一面に “スズラン”を映し出す

2014年5月4日 - 未分類


SHOW・MATHIEU RIDELLE・SASKIA LAWAKS

ディオールオム(Dior Homme)が中国・上海で2014-15年秋冬コレクションのランウェイショーを開催した。会場となったのは、上海のロン ミュージアム ウェスト バンド(LONG MUSEUM WEST BUND)。2014年4月末にオープンしたばかりのロン ミュージアム ウエスト バンドは、コンテンポラリーアートの分野では中国最大級のプライベートコレクションを誇る注目の美術館だ。


VENUE・MATHIEU RIDELLE

ショーは、インターナショナルモデルと中国人モデルが同じショーに混ざり合って登場し、マネキンのように建築の中を歩いていくという革新的なシナリオ。フィナーレではディオールハウスのシンボルのひとつである “スズラン”を会場の壁一面に映し出す演出を行い、美術館らしいアーティスティックな雰囲気とファッションの華麗な共演が実現した。

また、アフターパーティーではパリで活躍するアーティスト、ゲサフェルスタイン(Gesaffelstein)がDJとして登場。会場を盛り上げ、ディオールオムのコンテンポラリーなショーとパーティーを締めくくった。

■ロン ミュージアム ウェストバンド(Long Museum West Bund)について
ロン ミューじアム ウェストバンドは劉益謙、王微夫人によるプライベートコレクションを集めた中国最大規模の美術館「龍美術館」の一部。中国人建築家Liu Yichunがデザインを手がけた。丸い傘のようなユニークなメインの建物には、コンテンポラリーアートから中国の伝統美術まで数多くの作品を集め、中にはファッションに特化したスペースも設けている。また、単なる美術館としてではなく、レストランやコンサートホール、カフェ、アートスペースなどを併設することにより、市民やアーティストと繋がりを深める交流の場となっているのも特徴だ。

【関連】パリでのディオール オムの2014-15年ウィンターコレクションはこちら(全ルック)
URL:http://www.fashion-press.net/news/9442