未分類

ディースクエアード、スノーボードコレクション発表 - 東京でも展開

2013年10月22日 - 未分類

 

ディースクエアード(Dsquared2)が初となるスノーボードコレクションを、ラフ(Rough)とコラボレーションで発表する。2013年12月初旬にスイスのサンモリツにある旗艦店で発売され、2014年秋冬コレクションからはすべてのディースクエアードの店舗で取り扱われる。大人向けのラインは5サイズ、子供向けは4~8歳が対象で、2サイズで展開する。

ディースクエアードのディーンとダンがデザインするスノーボードコレクションは、洗練されたクリーンなグラフィックが特徴。バンブーやヘンプ繊維などを組み合わせ、新しい技術を採用。スノーボードのあらゆるシーンを、気軽に楽しむことができる。

大人向けのデザインは、ブラックを背景に、反射しているようなホワイトのダブルのロゴと、カナダの真っ赤なメイプルの葉が描かれている。子供向けのデザインは、ベージュ、カーキ、ビビットなコーラルを用いたモダンで大胆なカモフラージュ柄だ。大人向け同様のロゴもしっかりとプリントされている。

子供向けのスノーボードは外見だけでなく、シンプルかつ機能的で頑丈な設計で作られており、やんちゃなスノーボーダーたちが自分らしさを発揮できるデザイン。ベースとなる中心の木製部分と側面は、柔軟にしなるよう型どられている。冬の子供たちのスノーボードを思い切り楽しく演出してくれるに違いない。

「僕達はカナダ人。ウィンタースポーツが大好きだし、雪の上を滑るスポーツならスノーボードはこの上なくエキサイティングだよ!僕達が情熱的になってしまうスポーツなんだ!」とデザイナー、ディーン・ケイティンとダン・ケイティンは話す。

【ROUGHについて】
ラフ スノーボード(ROUGH snowboards)は、2005年に設立したスノーボードブランド。90年代の3人のスノーボーダーによってつくられた。無駄な装飾をなくし人間らしさを強調したデザインが特徴で、安全で質の良いスノーボードアイテムを中心に生産。イタリア北部を拠点とし、生産はヨーロッパとアメリカに2つの工場を持つ。どちらの工場もスノーボード作りを長くおこなっており、画期的で上質ながらエコロジーに配慮したプロダクトを製造している。