未分類

ディーゼルのアートギャラリーがブラジル色に!地球の裏側から独創的なストリートアートが到着

2014年2月27日 - 未分類

ディーゼル(DIESEL)の渋谷店にある、ディーゼル アート ギャラリー(DIESEL ART GALLERY)が「JUREMA PRETA(ジュレマ・プレッタ)」を2014年2月28日(金)から5月23日(金)まで開催する。この作品を手がけるのはブラジル人ストリートアーティスト、ステファン・ドイチノフ。日本では知る人ぞ知る存在だが、ブラジル人若手アートシーンを代表する存在として世界的に高い評価を集めているサンパウロ出身のトップアーティストだ。

日本初個展となる今回のエキシビジョンでは、“JUREMA PRETA(ジュレマ・プレッタ=黒のジュレマ)”と呼ばれる女性像をメインに、冬季の立体作品、ペインティング、木版画、シルクスクリーン、リトグラフ、インスタレーションなど、ドイチノフの幅広い表現方法を見ることができる。

彼の独特なアイコンやシンボルの世界から生まれた多様な作品に注目が集まる。アフリカ系ブラジルのフォークロアとバロック様式の宗教図画を独創的に組み合わせたイメージは一度見たら忘れられない。

 

世界で最もストリートアートが盛んだと言われる国、ブラジル。街のあちこちに質の高いアートが描かれ、社会的にもグラフィアートが認められている。次々とトップアーティストを輩出するサンパウロで生まれ育ったドイチノフの、見たこともない世界を体験することができる。ディーゼル アート ギャラリーでは会期中、展示作品の他、2008年に完成した初のモノグラフ『CALMA』の続編とも言える『CRAS』も販売される。

また開催前日には本人も来場するレセプションパーティーも開催された。ディーゼル アート ギャラリーで行われる今回のエキシビジョンに対してステファンは次のようにコメントした。
「とてもすばらしいことだと思っています。何と言っても、木版や銅板、ボトルやインスタレーション、またそれらの配置まで全て自分が手がけたし、すべてエキシビジョンのためのものなんです」

南米のラテンの陽気な空気が展示場全体に広がり、見ているだけで明るく爽快な気分になれる個展になっている。

【ステファン・ドイチノフについて】
1997年ブラジル生まれ、現在もサンパウロを拠点に活動する独学のアーティスト。牧師の息子として育った経験から、錬金術と異教徒のシンボリズムだけでなく、アフリカ系ブラジルのフォークロアとバロック様式の宗教図画を独創的に組み合わせた方法を開発した。現在ブラジルで活躍するトップアーティストの一人として世界的に認知され、NYや欧米の美術館で作品を展示。2005年から2008年まではブラジルのある村一面を、家屋から協会の壁、墓石までドイチノフがペインとしていく長期プロジェクトが話題となった。

【個展概要】
JUREMA PRETA(ジュレマ・プレッタ)
アーティスト:Stephan Doitschinoff
期間:2014年2月28日(金)〜5月23日(金)
会場:DIESEL ART GALLERY
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
時間:11:30〜21:00