未分類

ディーゼルジャパン、4月より販売員の正社員化を発表

2014年3月20日 - 未分類

日本で「ディーゼル(DIESEL)」や「ディーゼル ブラック ゴールド(DIESEL BLACK GOLD)」などを展開するやディーゼルジャパンが、2014年4月よりパート・アルバイトを除く、全ての販売員を正社員とすることを発表した。新卒入社および中途入社をすべて正社員として採用し、また契約社員として在籍中の販売員の雇用形態を正社員に変更する。

アパレル・小売業界において、販売員の中途採用ではアルバイト・契約社員としての採用が主流。ディーゼルジャパンでは、雇用契約期間に制限のない無期雇用の正社員採用をいち早く取り入れることで、採用競争力を高め、優秀な人材を効率的かつ迅速に確保することを目指す。

現在ディーゼルジャパンに在籍する販売員約940名のうち、約300名の契約社員も4月1日より全て正社員となり、2014年4月の新卒入社も正社員として入社。なお、現行のパート・アルバイト制度は継続となる。

ディーゼルジャパンでは販売職を専門職として位置づけ、研修・教育制度の充実にも力を入れている。販売員としてのスキルにより、ファッションアドバイザーからスタイリストといったポジションへの昇格や、販売管理職、販売専任職、本部スタッフなどのキャリアパスが用意されているほか、社内公募や社内インターンシップといった制度も設けられている。

また、2012年より新卒採用において、4月入社と並行して10月入社の「Brave 採用」を実施。このBrave採用とは、内定者が卒業後、4月から10月までの入社前半年間を自己成長のための経験を積む期間として使えるという制度。

今後もディーゼルジャパンでは、既成の価値観にとらわれることなくクリエイティブに活躍できる多様な人材を採用していく。

【問い合わせ先】
URL:http://www.diesel.co.jp/jobs/