未分類

ネ・ネットの「にゃー」が日本の伝統工芸品に変身!招き猫や南部鉄器の鍋敷きなど限定発売

2014年4月17日 - 未分類

ネ・ネット(Né-net)の人気キャラクター「にゃー」が日本の郷土玩具や伝統工芸品とコラボレーションする「にゃーと日本のものづくり」。この企画の第2弾となる「にゃーと日本のものづくり その2」が登場。「福来だるまと招き猫(群馬)」、「六原張子(岩手)」、「南部鉄器(岩手)」の3種類の伝統工芸品が発売される。


福来だるま 2,500円+税

■福来だるまと招き猫【群馬】
「縁起」とは「物事の起こり」という意味があり、何かを始めるとき、だるまにその願いを込める。そしてだるまは、願いを邪魔するものを大きな眼で睨みつけ、魔除けをしてくれる。群馬県高崎市の「起成商店」が製作した「にゃー」の顔が描かれただるまも、辛い時にしっかりとあなたを見守ってくれるはず。

■南部鉄器の鍋敷き【岩手】
岩手県の南部鉄器の歴史は、奥州藤原氏が平泉に栄えた1090年頃にまでさかのぼる。平泉は2011年にユネスコの世界遺産に登録され、その文化の流れをくんだ産業として、この地ではいまだに鋳物集団が働いている。そんな南部鉄器からは、「及源鋳造株式会社」が製作した重厚な「にゃー」の鍋敷きが登場。

 
南部鉄器の鍋敷き 4,000円+税
 

■六原張子の起き上がりこぼし【岩手】
歴史ある革新的な技法で、ユニークな張子人形を製作している岩手拠点のブランド「コシェルドゥ」。和紙の素朴な温もりが溢れる「六原張子」の起き上がり小法師シリーズから、にゃーを描いた特別バージョンが登場。伝統工芸品ならではの、繊細なディテール表現が光る1品だ。

「にゃーと日本のものづくり その2」は、2014年4月18日(金)より、ネネットおよびネネット にゃーの一部店舗で発売される。

【アイテム概要】
「にゃーと日本のものづくり その2」
発売日:2014年4月18日(金)
販売店舗:
ネ・ネット にゃー
Echika池袋店 / Echika fit東京店 / 新宿ミロード モザイク通り店 / グランフロント大阪店
ネ・ネット
ネ・ネット 0 / 札幌ステラプレイス店 / 東京スカイツリータウン・ソラマチEST店 / 熊本New-S店
価格:
福来だるま 2,500円+税
招き猫 左手・右手 2,500円+税
鍋敷き 4,000円+税
起き上がりこぼし 2,000円+税