未分類

フェンディ、2013-14年秋冬メンズコレクションの新作フィルムを発表 - 極寒の冬をイメージ

2013年10月1日 - 未分類

フェンディ(FENDI)が2013-14年秋冬メンズコレクションのショートフィルムを公開。テーマは「NEVERWINTER TALE - ″冬のない冬物語″」で、アウトドアの厳しい寒さからインスピレーションを受けたコレクションのハイライトだ。

押し寄せる霧、雪嵐、大雨の中をさまよう男性が主人公で、フィルムはディープブルーを背景にしながら、スローモーションで男性を追いかける。ズームインやズームアウトを繰り返すカメラワークにより、ラグジュアリーなファーのディテール、防水レザージャケットやジャカード織りのニットなどの質感をしっかりと映し出す。また特別に作成したシャープなサウンドトラックが、極寒のイメージをより引き立てた。ラストは風が収まり、日差しとともに男性に自由が戻る。

 

デザイナーのシルヴィア・ウェンディは、このフィルムについてコメントを残した。

「″冬のない冬物語″は、シンプルでスパッとした切り口が特徴のショートフィルム。メンズコレクションのテーマ″厳しい寒さ″を強調しながらも、カッティングやシルエット、ディテールや繊維などを鮮やかに映し出しています。スローモーション、サウンドトラック、ドラマティックな照明など、全ての要素がぴったりとマッチして、きっと見る人を惹きつけて放さないでしょう」

臨場感あふれるビジュアルが美しいショートフィルムは、コレクションの世界観をさらに魅力的にアピールした。

 

関連記事:フェンディ 2013-14年秋冬メンズコレクション - 極寒をリュクスに楽しむアドベンチャースタイル