未分類

フルラが2014年春夏コレクションを東京国立博物館で披露 - オリビア・パレルモも出席

2013年11月18日 - 未分類

2013年11月18日(月)に、フルラ(FURLA)2014年春夏コレクションのお披露目パーティが東京・上野にある東京国立博物館で行われた。この日はアメリカのソーシャライツ、オリビア・パレルモ(Olivia Palermo)がスペシャルゲストとして来日したほか、日本のファッション誌で活躍するモデルたちが多数出席した。

今季のフルラは「ファッションとアートの融合」をコンセプトに、澄んだ空気や、空の絶妙な色合い、海に広がる水平線など、柔らかで繊細な雰囲気をイメージ。ペールブルー、イエロー、オレンジ、ピンクといったパステルカラーのアイテムが揃う。

 

アイコンバッグの「CANDY」は、透明感のあるPVCとレザーを組み合わせてエレガントに仕上げたものや、底に籠のデザインを取り入れたものなど、さらにバリエーション豊かになって登場。そのほかにも本物の木目を入れたクラッチバッグや、ミラー加工されたボストンバッグなどが揃う。またフルラはコレクションの世界観を表現するため、フィルムメーカーのダヴィデ・ベドーニ(Davide Bedoni)による映像と、フォトグラファーのチェン・マン(Chen Man)による写真も披露した。

ゲストとして出席したオリビア・パレルモは、フルラの新作「POLARIS」を持って登場。手にしているのは彼女のリクエストで作られたエクスクルーシブモデルで、ポニーヘアとパイソン型押しのコンビネーションが特徴だ。

日本でも大人気のファッションアイコンである彼女に、毎日のコーディネートについて尋ねてみると、「まずはその日どんな気分であるかが重要ですが、持っているワードローブを見て、自分の気持ちに合った服と、バッグなどのアクセサリーをどのように組み合わせるか考えます」とコメント。この日のオリビアは、ファーがついたブラックジャケットとパンツのコーディネートで参加。フルラのペールブルーのバッグが全身のアクセントとなった。

パーティの最中には、フラワーアーティストのニコライ・バーグマン(Nicolai Bergmann)によるインスタレーションも行われた。色とりどりの花々を次々と水差しに差し、あっという間に美しい作品に仕上げる姿に来場者は夢中に。また会場入り口の池には、ニコライ・バーグマンによるフラワーデコレーションも施され、華やかな夜を演出した。