未分類

プラチナプリントによる安藤忠雄の限定ポートフォリオ集刊行

2014年5月15日 - 未分類


©Tadao Ando and amanasalto

プレミアム出版事業を展開するアマナサルトから世界的建築家 安藤忠雄のポートフォリオ集が発売される。このポートフォリオ集は最高峰の写真技法であるプラチナプリント技法を使った、30部限定の作品集となる。 

ポートフォリオ集には、安藤の代表作「光の教会」や「水の教会」を含む6点のドローイング(20×24インチ)に、安藤が1枚1枚、その手で描いたスケッチ作品も特別に収録。これらは、安藤自身がデザインした特製ボックスに収まる。

 
©Tadao Ando and amanasalto

またボックスとは別梱包となる「中之島プロジェクト II」の2点組の作品は、プラチナプリントとしては最大級サイズの30×44インチで制作。プラチナプリント技法は、従来の銀塩写真や、他のどんな版画やデジタルプリントにも増して、豊かな階調が表現でき、かつ漆黒の奥深さ、そして光学技術ならではの高精細を誇る。「自らの肉体を通した空間体験が刻まれている」と安藤が述べるドローイング作品は、プラチナプリントによって描いた一筋一筋の筆致までもが、まるで肉筆に触れるがごとく再現された。

さらにプラチナという素材の安定性により、ポートフォリオ集は1000年の耐久性を持つ。今回のポートフォリオ集は、これまで建築を通して「空間」に挑み続けてきた安藤が、永遠への「時間」に挑むプロジェクトとも言える。

“建築は、最初のスケッチで骨格が決まってしまうものだ。
一瞬の手の動きが、すべてを決定するのである。
アイデアをまとめる時、ふと、自分の手が引いた一筋の線に、今まで見て歩いた建物や空間の記憶の断片がよみがえったものなのかどうか、 わたしにはわからない。
ただ、ひとつ言えることは、自らの肉体を通した空間体験があってこそ、描く一筋の線は意味を持っているということだろう。
私のスケッチのいくつかの線の重なりは、単なる抽象的なものではない。
そこには、実体としての空間があり、またそれが存在し続けようとする意思が込められているのだ。”

【ポートフォリオ集概要】
ANDO BOX The 1st Round [drawings]
価格:250万円~
発売日・予約可能日:2014年5月29日(木)
発売場所・購入方法:株式会社アマナサルト(http://amanasalto.com)もしくはIMA CONCEPT STOREにて
エディション数:限定30部
※エディションによって価格が変動するステップアップ制。
#1-10 250万円+税
#11-20 280万円+税
#21-27 320万円+税
#28-30 オープンプライス

【店舗概要】
IMA CONCEPT STORE
オープン日:2014年3月15日(土)
住所:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 3F
営業時間:11:00~22:00
定休日:なし ※夏期休業・年末年始休業などは除く

■アマナサルト
アマナサルトは2012年4月に、ハイクオリティな限定版写真集を印刷・出版するサルト・ウルビーク社(Salto Ulbeek)と株式会社アマナとの合併会社として設立。プリンティングディレクターに、プリンターとして40年のキャリアを持つ久保元幸を迎え、主にプラチナプリント技法をはじめとした最高峰の写真技法を駆使して、ポートフォリオ集、写真集、プリントを企画制作し、全世界に向けて販売している。