未分類

ベルギー王室御用達レザーブランド「デルヴォー」、GYREで日本初の大型イベント

2014年4月10日 - 未分類

2014年4月25日(金)から6月22日(日)まで、ベルギーのラグジュアリーレザーブランド「デルヴォー(DELVAUX)」が表参道のGYREでポップアップイベントを開催する。

デルヴォーは、1883年に「ベルギー王室御用達」として認定され、現在もこの名誉ある称号を維持している。今回、ブランドの185年の歴史と伝統、ベルギー王国が誇る究極の至高品の世界観を表現する“デルヴォー・ギャラリー”が、表参道に限定オープン。ベルギー・ブリュッセルのアトリエをモチーフにした空間が演出されている。

1829年、シャルル・デルヴォーによってベルギー、ブリュッセルで設立されたデルヴォーは、世界で最も長い歴史を持つラグジュアリーレザーグッズブランド。

自ら定めた価値観に忠実な姿勢、ノウハウ、妥協を許さない職人技、クォリティの高い製品で、高い評価を得てきた。これまでに3,000点以上の偉大なる伝統とデザインが生み出され、現代においてもエレガンスとファンタジーとウィットに富んだ名品がつくり続けられている。

彫刻のようなフォルムは複雑で高度な技術と正確さのなせる技。使用する革は、フランス、イタリアの一流タンナリーで選び抜かれた最上品のみ。ベルギー・シュルレアリスムの精神を継ぐデルヴォーの製品は、そのアーキテクチュアルで革新的なフォルムに加えユーモアに溢れている。

この「ベルギー王室御用達」の職人技術が生み出す、ファンタジーとウィットにあふれた作品が並ぶギャラリーエリアには、デルヴォーを象徴するアイテムの数々がディスプレイ。ブランドを代表する「ブリヨン」シリーズのスペシャルエディション9点からなるコレクション「Les Humeurs de Brillant(=リュムール・ド・ブリヨン:気まぐれな輝き)」をはじめ、アーティスティックなピースなど、デルヴォーの世界観を堪能できる珍しい機会だ。

デルヴォー・ギャラリーの隣ではポップアップショップを展開。最新アイテムがラインナップされたショップ空間は、“生きた彫刻”と称されるバックの数々が並ぶ。今回、このイベントの総合プロデュースはJTQ Inc.の谷川じゅんじが手がけている。

【イベント情報】
デルヴォー・ギャラリー&ポップアップショップ
会期:2014年4月25日(金)~6月22日(日)
時間:11:00~20:00
会場:EYE OF GYRE
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE3F
TEL:03-3948-6990

■JunjiTanigawa|谷川じゅんじ プロフィール
JTQ株式会社代表ス・ペースコンポーザー。
1965年生まれ。JTQ株式会社を2002年に設立。「空間をメディアにしたメッセージの伝達」をテーマにクリエイティブディレクション&コンサルティングファームとして活動の場を広げる。空間という特定の枠を超え、コミュニケーション領域全般でのブランディングディベロップメントおよびブランディングプロモーションを手がける。主な仕事にパリルーブル宮装飾美術館Kansei展(2008)、平城遷都1300年祭記念薬師寺ひかり絵巻(2010)、グッドデザインエキシビジョン(2007-13)、KRUGボトルクーラー(2011,2013)、MEDIAAMBITIONTOKYO(2013-2014)、IMACONCEPTSTORE(2014)などがある。D&AD入選、DDA大賞受賞、優秀賞受賞、奨励賞受賞、他入賞多数。