未分類

ミッション[宇宙×芸術]展、プラネタリウムや無重力空間のスペース - 東京都現代美術館で開催

2014年5月19日 - 未分類


西澤 丞 & ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
《イプシロン・ザ・ロケット―新型固体燃料ロケット、誕生の瞬間》 2013年 (参考図版)

2014年6月7日(土)から8月31日(日)までの期間中、東京都現代美術館にて展覧会「ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて」が開催される。

この展覧会では、2014年夏の宇宙ブームにあわせて、限りなく日常に近づく宇宙領域と、アーティストらによる内的宇宙を呈示。宇宙と芸術、科学と表現、アートとエンターテインメントなど、多様な視点、要素の作品や資料が約50点展示される。

 
左) 大平貴之 《SUPER MEGASTAR-Ⅱとオーロラ》 2008年 (参考図版)
右) チームラボ 《Cold Life / 冷たい生命》 (書:紫舟) 2014年 (参考図版)

また、スーパープラネタリウム「MEGASTAR」シリーズによる満天の星空、楽しく身体を動かしながら無重力空間をイメージできる「スペースダンス・イン・ザ・チューブ」や宇宙から地球をとらえた高精細映像の上映など、没入感あふれる映像・写真画像を参加体験型展示として展開。幅広い年齢層の人が楽しむことができる内容となっている。

さらに、会期中には、宇宙建築、宇宙服デザイン、人工衛星などに関するトークやワークショップも予定されている。かつて異世界、理想郷としてとらえられていた宇宙が少し身近に感じられるかも。

【開催概要】
ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて
会期:2014年6月7日(土)〜8月31日(日)
休館日:月曜日(7月21日は開館)、7月22日(火)
会場:東京都現代美術館(企画展示室1F/地下2F・アトリウム)
住所:東京都江東区三好4-1-1
開館時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般1300円、大学生・専門学校生/65歳以上1000円、中高生800円、小学生以下無料

【参加アーティスト一覧】
逢坂卓郎、大平貴之、木本圭子、森脇裕之、名和晃平、鈴木康広、チームラボ、ARTSAT:衛星芸術プロジェクト 、oblaat(谷川俊太郎、三角みづ紀、最果タヒ、穂村弘)、松本零士、SPACE FILMS、なつのロケット団、スペースダンス・イン・ザ・チューブ、イ・ヨンジュン、ユリウス・フォン・ビスマルク ほか

【問い合わせ先】
東京都現代美術館
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)