未分類

メガネ素材で“かき心地”を極めた耳かき - グッドデザイン賞のユニークなデザインも注目

2013年10月2日 - 未分類

福井県鯖江市のメガネ素材加工メーカーとクリエイティブな分野で活躍する企業「セメントプロデュースデザイン」が共同開発した耳かき「sabae mimikaki」が、2013年度グッドデザイン賞を受賞した。

「sabae mimikaki」の素材に使われたのは、アイウェアに最高の「かけ心地」を生むセルロースアセテート。「かけ心地」を極めた眼鏡素材は、「かき心地」の良い耳かきへと形を変え、日常で使えるオシャレな小物に生まれ変わった。独特のカラフルさが特徴で、デザイン性も申し分ない。柄の部分にあしらわれた、メガネをモチーフにした遊び心のあるデザインも特徴的だ。

先端に組み合わされたのは、高級感のあるβチタン。アレルギー性がなく錆びにくいβチタンには、軽さに加えバネのような弾力があるため、ほど良いかき心地が生まれる。その角度も、かきやすい角度を調査し、調整、決定したこだわりの角度。プリントされた人物の目のあたりに柄を置き、メガネをかけたようなデザインのパッケージは全部で4種類。レトロな雰囲気を醸し出し、トータルで小粋なデザインとなっている。ちょっとしたギフトにも最適だ。

国内シェア90%を占める福井県鯖江市のメガネ素材加工メーカーの技術力や優れた素材、そしてセメントプロデュースデザインによるトータルディレクションの力。この2つが掛け合わさってこの「ミミカキ」が実現した。

【アイテム概要】
sabae mimikaki ※全15種類
価格:¥3,900
素材:セルロースアセテート、チタン