未分類

ユナイテッドアローズ 原宿本店に「UA BAR」オープン、自由が丘ベイクショップとフグレンが監修

2014年5月21日 - 未分類

2014年5月22日(木)、ユナイテッドアローズの原宿本店 メンズ館に「UA BAR」がオープン。

「UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)」(以下UA)の原宿本店 メンズ館にできるこのバーは、1992年の原宿本店オープンより、沢山の来客に愛されてきたUA CAFÉが、創業25周年を期にリニューアルしたもの。

 

内装やドリンクメニュー、フードメニューと営業時間、そしてロゴデザインに至るまで大幅にリニューアルして、新たにスタートする。内装とコンセプト、ドリンクとコーヒーは、1963年にオスロで創業した老舗のコーヒーバーの「FUGLEN(フグレン)」が監修し、クラシックでマスキュリンな空間とともに、オリジナルカクテルとスペシャリティコーヒーを提供する。

フードは東京で話題の人気カフェ「JIYUGAOKA BAKESHOP(自由が丘ベイクショップ)」が監修。お酒と一緒に楽しめる多彩なガストロパブメニューと、テイクアウトも可能な満足いくボリュームのランチメニューも用意されている。


右から) オイルサーディンとジャガイモのガレット 900円、ミュンヘン ヴァイスヴルスト 1,000円、
イチジクとクルミのカンパーニュ 500円、「THIS AMERICAN LIFE (ディス アメリカン ライフ) 」1,200円、
「SPICY MOJITO(スパイシーモヒート) 」1,200円 ※全て税込み。

そしてオペレーションは、話題のカフェ、レストランから、ホテルやオフィスといった空間まで、数多くをプロデュースしているTRANSIT GENERAL OFFICE(トランジットジェネラルオフィス)が担当し、サービスを行う。

■Fuglenについて
「世界で最高。飛行機に乗ってまで試しに行く価値あり。」とNYタイムズ紙に評された、ノルウェー・オスロ発の老舗コーヒーバー。また、コーヒーを楽しむ昼間から一転して、夜は本格派のカクテルバーに変身し、クラシックなカクテル作りを行っている。「エスプレッソバー」「カクテルバー」「ヴィンテージデザイン」をコンセプトにしたデザイン面でも、2011年にノルウェー・デザインカウンシルのDesign of Excellence賞を受賞するなどの高い評価を受けている、ノルウェーのライフスタイルとコーヒー文化を満喫できる空間として話題のスポット。

■JIYUGAOKA BAKESHOPについて
2009年に自由が丘にオープンした人気のカフェ。代表を務める浅本充は「ブラスリーベルナール」「adding:blue」「レスプリミタニ」でのサービスとソムリエ、マネージャーを10年間務めたのちニューヨーク州ブルックリンに渡る。その経験からくるライフスタイルの提案と、新たなフードトレンドや世界のオーガニック事情の知識も深く、現在は様々な企業の飲食部門やライフスタイルのコンサルティングに参加している。

■TRANSIT GENERAL OFFICEについて
代表の中村貞裕が伊勢丹を経て "ファッション、建築、音楽、デザイン、アート、飲食をコンテンツに遊び場を作る"をコンセプトに掲げ2001年に設立。カフェ「Sign」をはじめ、数多くのカフェレストランやホテル、商業施設などプロデュース・運営している。最近では行列の絶えない「bills」、「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR」など常に話題のスポットを手がけるヒットメーカー。

【店舗情報】
UA BAR
住所:東京都渋谷区神宮前3-28-1 ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 1F
営業時間:11:00~23:30(ラストオーダー・フード22:30ドリンク23:00) ※日曜日のみ11:00-20:00
TEL:03-3479-8126(オープン日より開通)
定休日:不定休
面積:45.78平米
席数:18席+テラス10席