未分類

ラグ&ボーンが広告に新星の女優ステイシー・マーティンと俳優エミール・ハーシュを起用

2014年1月23日 - 未分類

ラグ&ボーン(rag & bone)が、2014年春夏シーズンのキャンペーンに、フランス出身のニューカマー女優、ステイシー・マーティンと、アメリカ人俳優のエミール・ハーシュを起用。撮影はダウンタウンのLAのモーテルを中心に行われた。

ステイシー・マーティンは、ラース・フォン・トリアー監督の最新作『Nymphomaniac(原題)』に登場。主演のシャルロット・ゲンズブールの若い頃を演じ、一躍有名になった。そんな彼女は、今回の企画の「完璧な写真ではなく、瞬間を切り取る」という内容に魅力を感じたという。

LA出身のエミール・ハーシュは、2014年3月21日(金)に日本で公開される映画『ローン・サバイバー』に出演。今回の撮影について次のように語った。「ラグ&ボーンは、クールで洗練されているだけでなくヒップなブランドだと思います。撮影ではモーテルの空のプールでスケートボードをしたことが楽しかった。ボロボロのモーテルでしたが、クラシックでノスタルジックな雰囲気のとても良い場所でした」。

2人を起用した理由について、デザイナーのマーカス・ウェインライトは以下のようにコメント。「ステイシーとエミールはとても個性的で魅力的なキャラクターだと思ったので、キャンペーンに起用しました。演技に対しても恐れを感じない部分もすごくクールで尊敬しています。彼らをリアルに撮影したいと思ったときに、華やかではないけれど、LAの象徴的な部分であるモーテルでの撮影というアイディアはすごく良いと思いました」。

 
左)ラグ&ボーン2014年春夏コレクションより 右)ラグ&ボーン2014年春夏メンズコレクションより

カメラマンをつとめたのは、2013年秋冬と同様、伝説的なフォトグラファーのグレン・ルッチフォード。スタッフも前回同様、クリエイティブディレクションはジェファソン・ハック率いるロンドンのクリエィティブエージェンシー「MAD」、アート・ディレクターに「DJA」のサラ・ヘミング、ヘアーをデディエ・マリージュ、メイクアップはグッチ・ウェストマンが担当した。

なお、今後はグレン・ルッチフォードによって撮影された映像も公開予定となっている。