未分類

ラグ&ボーン 2014-15年秋冬のキャンペーンに役者のウィノナ・ライダーとマイケル・ピットを起用

2014年7月2日 - 未分類

ラグ&ボーン(rag & bone)は、2014-15年秋冬キャンペーンの広告塔に、役者のウィノナ・ライダーとマイケル・ピットを起用した。

デザイナーのマーカス・ウェインライトは、「2人とも型にはまらない生き方をしていて、人を魅了する力を持っています。我々は二人のそこに惹かれました」と語っている。

またアメリカ人女優のウィノナを起用したことに関して、マーカスは以下のようにコメント。「ウィノナは、素晴らしいキャリアを持ちつつもスターになることに一切興味がなく、その姿勢がとてもクール。また彼女はタイムレスな美しさを兼ね備えた、本キャンペーンの真のアイコンとしてふさわしい女性です」。

また、同じくデザイナーであるディビッド・ネヴェルは、2013年秋冬のキャンペーンでも登場したアメリカ人俳優、マイケル・ピットを再起用した理由について以下のように述べている。「1年前のキャンペーンを撮影したことをきっかけに彼とは強い関係を築いてきました。彼はブランドの世界観を理解しているし、ラグ&ボーンがとても似合うので今回もお願いしました。才能にあふれていて人格者でもあります」。

今回も先シーズンに引き続き、フォトグラファー、グレン・ルッチフォードがニューヨークのコーニーアイランドにて撮影を行った。砂っぽい遊園地はとても雰囲気があり、ブランドの世界観にふさわしい場所だ。いつものように目立った演出はなく、素顔の彼らの表情が収められている。