未分類

レッド ヴァレンティノからティム・ウォーカーが撮る新ビジュアル - 幻想的なグリム童話の世界

2013年9月10日 - 未分類

レッド ヴァレンティノ(RED VALENTINO)、2013-14年秋冬の広告キャンペーンのテーマはグリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」。コレクションの独特で幻想的な世界観を表現している。撮影は、ロンドンを拠点とするフォトグラファー、ティム・ウォーカー。

今シーズンのレッド ヴァレンティノのヒロインは、愛らしくもあり、反抗的、行動的でもあり、無気力な気まぐれで無邪気な女の子。キャンペーン写真でモデルを務めるヘドヴィグ・パルム(Hedvig Palm)が身にまとうのは、そんな女の子を象徴するようなアイテムの数々だ。

グレーテルのリボンとヘンゼルのフランネルセーター、大柄チェック、ショートパンツにコンパクトなケープ、そしてレース編みのソックス。また、アラベスク模様がチロル風景の中で存在感を示し、カラフルな刺繍がワードローブ全体に散りばめられている。

■コレクションルックも併せてチェック!
「レッド ヴァレンティノ 2013-14年秋冬コレクション - ファンタジーの森を散歩して」

 
レッド ヴァレンティノ2013-14年秋冬コレクションより