未分類

ワインのようなビール「麦ワイン」ボジョレー・ヌーボーと同時解禁 - 悪魔の大麦、天使の小麦

2014年10月23日 - 未分類

左) el Diablo 2014(悪魔) 1,000円+税、
右) Un angel 2014(天使) 1,000円+税

神奈川県厚木市の元祖地ビール屋、サンクトガーレンからワイン並の高アルコールを持ち、ワインのように長期熟成するビール「麦のワイン」が2種類登場。2014年11月20日(木)、ボジョレー・ヌーボー解禁日に、各7,000本限定で発売される。

今年発売されるのは、“悪魔”と名づけられた大麦ワインと、“天使”の小麦ワインの2種。昨年は、発売日前の予約分のみで完売となった人気ぶりだ。

「麦のワイン」は通常の2.5倍以上の麦芽を使用しており、麦汁の濃度の高い部分だけを使っているため、非常に濃厚で蜜のようにとろりとした口当たりが特徴。特にウィートワインの主原料である小麦は大麦よりもタンパク質が多いため、液の粘度が強くなり、よりとろみを感じる。

アルコールはどちらも約10%で、通常のビールの約2倍。出荷時点で通常の6倍の熟成期間を費やしているため、すぐに飲んでもブランデーを思わす熟成感がある。さらに、購入後に熟成させることで、香りも味わいも驚くほど深みを増していく。

通常ビールは新鮮な出来たてのもののほうが喜ばれるが、麦のワインは逆。ビールファンの間では古いほど価値が高いとされる。そのために購入して熟成させ、前年のものと飲み比べを楽しんだり、結婚した年や出産の年の記念に購入し、節目の年に楽しんだりすることもできる。

【アイテム詳細】
発売日:2014年11月20日(木)
・el Diablo 2014(悪魔) 1,000円+税
主原料:大麦麦芽
容量:300ml
アルコール度数:10%
・Un angel 2014(天使) 1,000円+税
主原料:小麦麦芽
内容量:300ml
アルコール度数:10%