未分類

世界中で愛される音楽「アルゼンチン・タンゴ」の企画展 - 東京・信濃町で開催

2014年12月3日 - 未分類
バンドネオン(レオポルド・フェデリコより寄贈)

タンゴの歴史とその魅力に迫る展覧会「生命の旋律・躍動のリズム〜アルゼンチン・タンゴ」が、東京・信濃町の民音音楽博物館で開催される。期間は2015年1月1日(木)から7月12日(日)まで。

19世紀後半、アルゼンチン・ブエノスアイレスの下町で産声をあげた「アルゼンチン・タンゴ」は当時、低級な音楽とされていた。しかし、キューバや欧州の音楽、アフリカの舞踊が入り混じる独特な音楽文化は、130年の歩みの中で国を超えて愛される、世界文化へと発展した。

本展では、劇的な発展を遂げた「タンゴ」の歴史の紹介、1970年から毎年開催されている「民音タンゴ・シリーズ」に出演したマエストロたちから贈られた数々の記念品や、同博物館所蔵の楽器の展示など、普段日本では見られない貴重な資料が公開される。

【展覧会詳細】
民音音楽博物館 企画展
「生命の旋律・躍動のリズム〜アルゼンチン・タンゴ」展
期間:2015年1月1日(木)〜7月12日(日)
会場:民音音楽博物館・2F 企画展示室
住所:東京都新宿区信濃町8番地
アクセス:JR信濃町駅 徒歩5分
開催時間:11:00〜16:00(平日・土曜) 10:00〜17:00(日曜・祝日)
休館日:毎週月曜(月曜日が祝日の場合は翌日が休館日)
料金:無料

【問い合わせ先】
民音音楽博物館
TEL:03-5362-3555