未分類

【動画】仏版実写映画『美女と野獣』の公開決定 - 主演レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル

2014年8月28日 - 未分類

同名の長編アニメーション作品などで知られるフランスの民話『美女と野獣』が新たに実写映画化、2014年11月1日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国の劇場で公開される。

醜い野獣と、身も心も美しい娘ベルが織り成すファンタジーの傑作として、小説、絵本、アニメーション、映画、ミュージカルと、その形を変えて世界中で語り継がれてきた本作だが、その殆どにおいて「なぜ王子は野獣に身を落としたのか?」という秘密は明かされなかった。

野獣は一体どれほどの罪を犯し、そこにはどんな秘密が隠されているのか…。本作では、これまで描かれていなかった部分に焦点を当て、切なくも悲しい物語が紐解かれていく。

主人公のベル役は、第66回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した作品『アデル、ブルーは熱い色』で主役を演じたフランス人女優のレア・セドゥ。野獣役を務めるのは、同じくフランス人俳優のヴァンサン・カッセルだ。

1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、野獣の“隠され続けてきた”過去が今、明かされる。

【あらすじ】
バラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく。

【作品情報】
『美女と野獣』
日本公開日:2014年11月1日(土)
劇場:TOHOシネマズ スカラ座他ほか全国で
監督:クリストフ・ガンズ
キャスト:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル
配給:ギャガ
提供:アミューズソフトエンタテインメント、ギャガ
上映時間:113分
製作国:仏独合作

©2014 ESKWAD - PATHE PRODUCTION - TF1 FILMS PRODUCTION ACHTE / NEUNTE / ZWOLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH - 120 FILMS