未分類

伊・三ツ星レストラン「ハインツ・ベック」日本上陸、東京に2店舗出店 - ユニフォームはコシノジュンコ

2014年10月8日 - 未分類

2014年11月7日(金)、世界のガストロノミー界の頂点に立つシェフ、ハインツ・ベック(Heinz Beck)が、日本に初上陸。現代風イタリア料理を提供するオールデイダイニング「センシ バイ ハインツ ベック(sensi by Heinz Beck)」と、イノベーティブ料理を提供するファインダイニング「ハインツ ベック(HEINZ BECK)」が東京・丸の内に同時オープンする。また、開店まで残り1ヶ月を切った10月8日(水)より、両店舗の予約が始まった。


ハインツ・ベック カンパチのホワイトバルサミコのマリネ ザクロの粉雪添え
「ラ・ペルゴラ」20周年記念ランチでの一品。

ハインツ・ベックは、1994年イタリア・ローマに開業したレストラン「ラ・ペルゴラ」にて、「ミシュランガイド イタリア2006」で三ツ星を獲得。以来現在までその地位を保持し、その他の多くのガイドにおいても毎年最高評価を獲得している。彼は厳選された素材を使った全く新しい味を生み出すオリジナリティあふれる感性を持つ、世界最高峰のシェフと賞賛されている。

オープンする「sensi by Heinz Beck」(センシ バイ ハインツ ベック)は、洗練された現代風イタリア料理を提供するオールデイダイニング。高さ6.5mの吹き抜けとガラス面で覆われた開放的な空間で、美食と健康を追求するハインツ・ベックの料理を五感で味わうことができる。

また「HEINZ BECK」(ハインツ ベック)は、初めて自身の名を冠するファインダイニング。伝統と革新の融合した独創的な料理と、日本向けに新たに創造した料理が提供される。

彼が手掛けるレストランのオープンに際し、店舗デザインは虎ノ門ヒルズ オフィスロビーやニューヨーク近代美術館(MOMA)を手掛けたカザッポ&アソシエイツ(Casappo&Associates)の世界的インテリアデザイナー植木莞爾が、また店舗ユニフォームデザインは世界的デザイナー、コシノジュンコが担当。世界で活躍するプロフェッショナルによるこだわりの詰まった至高のダイニングのオープンが待ち遠しい。


ハインツ・ベック

【店舗詳細】
オープン日:2014年11月7日(金)
住所:東京都千代田区丸の内1-1-3

■センシ バイ ハインツ ベック(sensi by Heinz Beck)
営業時間:11:00〜23:00(LO 22:00)
定休日:無休 ※年末年始は要問い合わせ。
席数:全100席(テラス16席含む)

■ハインツ ベック(HEINZ BECK)
営業時間:11:30〜15:00(LO 13:30)、17:30〜23:00(LO 21:30)
定休日:日曜日 ※年末年始は要問い合わせ。
席数:全34席/個室1室(最大10名まで)
ドレスコード:男性は、上着または襟付きシャツの着用がおすすめ。軽装(七分丈のような短いパンツ、Tシャツのような襟のないシャツ、サンダル等)での入店は控えること。ダイニングは中学生以上入店可。個室は子どもも利用可。

【予約方法】
開始日:2014年10月8日(水)~
時間:10:00~22:00
・センシ バイ ハインツ ベック(sensi by Heinz Beck)
TEL:03-3284-0020
・ハインツ ベック(HEINZ BECK)
TEL:03-3284-0030