未分類

初の伝記映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』公開決定 - ミック・ジャガー制作

2014年12月25日 - 未分類

2015年5月30日(土)、ジェームズ・ブラウン初の伝記映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』が、シネクイントほかで全国公開される。

ミスター・ダイナマイト、ゴッド・ファーザー・オブ・ソウル、セックス・マシーン、ファンクの帝王…数々のニックネームで呼ばれ、強烈な個性とそのカリスマ性で半世紀に渡り活躍を続けてきた伝説のアーティスト、ジェームス・ブラウン。

2006年に73歳でこの世を去った後も、彼が生み出した音楽は膨大なアーティストにサンプリングされ、刺激的なライヴパフォーマンスはマイケル・ジャクソン、プリンスからブルーノ・マーズの若手まで数々のアーティストをインスパイアし、今なおその魂は生き続けているといえる。

本作は、ブラウンの驚異の人生に基づきながら、その音楽や一挙手一投足、心の揺れに大胆に切り込み、極貧の子供時代から20世紀最高のエンターテイナーに成長していくまでの旅路を描く。

監督は、アカデミー賞3部門にノミネートされるなど、大ヒットとなった『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』のテイト・テイラー。ジェームス・ブラウンを演じるのは、『42~世界を変えた男~』のチャドウィック・ボーズマン。そして製作は、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーだ。

かつてのライバルであり、彼を尊敬しているザ・ローリング・ストーンズのフロントマンの願いから誕生した本作。ミック・ジャガーはビルボード誌の取材でこうコメントしている。「(映画でもライヴ盤が録音されるシーンが描かれる)アルバム『ライヴ・アット・ジ・アポロ』は、俺が初期に音楽的に学んだ大きな部分だった。ジェームス・ブラウンは俺にすごくインスピレーションを与えてくれた。たくさんのことを彼から学んだ。彼の動きをまねるということではなく、彼の態度、仕事ぶり、そうしたものを学んだ。彼が成し遂げたことを尊敬している」。

【映画概要】
『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』
公開日:2015年5月30日(土) シネクイントほか全国公開
監督:テイト・テイラー
脚本:スティーヴ・ベイグルマン、ジェズ・バターワース&ジョン=ヘンリー・バターワース、テイト・テイラー
製作:ミック・ジャガー、ブライアン・グレイザー、ヴィクトリア・ピアマン、エリカ・ハギンズ、テイト・テイラー
出演: チャドウィック・ボーズマン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ネルサン・エリス、ダン・エイクロイドほか
©Universal Pictures