未分類

北欧デザインの巨匠ハンス・ウェグナーの椅子展 - 青山で開催

2013年9月14日 - 未分類

東京・青山のスパイラルで「島崎信+織田憲嗣が選ぶハンス・ウェグナーの椅子展」が開催される。会期は2013年9月27日(金)〜10月14日(月・祝)まで。

ハンス・ウェグナー(1914~2007年)は、生涯に500脚以上の椅子をデザインしたと言われ、さらに時を超えて愛され続ける、デンマークを代表する家具デザイナー。「島崎信+織田憲嗣が選ぶハンス・ウェグナーの椅子展」は、「使う」「見る」「買う」という3つのカテゴリーより、彼の"ものづくり"を紐解く、大規模個展。

本展では、北欧デザイン研究の第一人者 島崎信と、椅子研究家 織田憲嗣を監修に迎え、60脚以上の椅子を展示。それだけではなく、現在に至っても生産している定番品、現行品を中心に、実際に触ってたり、座って、美意識、技術、機能性などを体験することができる。

また、ウェグナーの定番品に加え、生産を終了した椅子、試作品など歴史的価値の高い椅子も披露。木材パーツ、カットモデル、ミニチュア、ウェグナー邸の模型や、ルーツともいうべき中国明代の椅子など他では見ることのできない貴重な資料も登場する。

【プロフィール】
ハンス・ウェグナーは、世界で50万脚以上が販売されている「Yチェア」や、「椅子の中の椅子」という異名を持つ「ラウンドチェア(通称ザ・チェア)」をはじめ、時代を超えて愛される数々の名作を生み出してきた。1914年、デンマーク生まれ。14歳で家具職人の下で修業を始め、17歳で指物師のマイスターの資格を取得。美術工芸学校を経て、アルネ・ヤコブセンの事務所に勤務し、オーフス市庁舎の家具デザインの設計に携わる。その後独立し、コペンハーゲン美術工芸学校で教鞭を執りながら、家具デザインを行う。1984年にデンマーク女王よりナイトの称号を得る。1995年には生まれ故郷のトゥナーにウェグナー美術館が開館。2007年1月26日92歳で逝去。2014年に生誕100周年を迎える。

【開催概要】
島崎信+織田憲嗣が選ぶハンス・ウェグナーの椅子展
会期:2013年9月27日(金)〜10月14日(月・祝)11:00〜20:00 会期中無休
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
住所:東京都港区南青山5-6-23
*現在販売されているウェグナーの椅子をはじめ、展覧会カタログやオリジナルグッズの販売する

【関連イベント】
島崎信氏+織田憲嗣氏によるトークイベント
日時:9月27日(金)16:00〜18:00
会場:アンクルハット(スパイラル9F)
料金:2,500円
定員:先着40名 ※要事前申し込み
お申し込み方法:件名に「9/27島崎氏+織田氏トーク参加希望」、
本文に①名前、②参加希望人数、③代表者の電話番号を明記の上
utsukushiikurashi@spiral.co.jpまでメールで申込み。
お問い合わせ先:スパイラル TEL:03-3498-1171
*生前のハンス・ウェグナーとそれぞれに交流を重ねている数少ない日本人である二人が一堂に会し、ウェグナーとそのデザインについて語る。