未分類

友人の家に招かれる週末や旅を彷彿させる、ダンヒルの春夏広告キャンペーン

2015年1月13日 - 未分類

ダンヒル(dunhill)のクリエイティブ ディレクター、ジョン・レイは、フォトグラファーのアニー・リーボヴィッツと、ハウス&ホルムのロニー・クック・ニューハウスによるアートディレクションのもと、2015年春夏の新広告キャンペーンを発表した。

本キャンペーンは、2014-15年秋冬シーズンに作り上げたコンセプトを踏襲しながらも、気心知れた友人の家に招かれる週末や、遥かなる地への旅を彷彿とさせる、今シーズンのテーマ「ESCAPE」の世界観を体現。英国紳士独自の哲学を描き出す中で、ビジュアルでは友人とくつろぐダンヒルマンの姿が映し出された。

6種類のビジュアルで構成されるキャンペーンイメージに登場するのは、ルイ・エリオット、アンドリュー・クーパー、アレックス・ブラマイアの3人。洗練と知性を身に纏った若き紳士達は、英国らしい佇まいとダンヒルマンの異なるキャラクターを象徴している。

のどかな情景が広がるイングランド地方のカントリーハウス、淡いカラーの調度品、柔らかな光に照らされたトーンや色彩。それら全ては、ジョン・レイの研ぎ澄まされた感性が息づく今シーズンのカラーパレットを反映している。また、田舎や海辺でゆったりと過ごす長い休暇を思い起こさせるかのようだ。

ジョン・レイは以下のように語る。「英国紳士は、その時々に相応しい振る舞いや自己表現に敬意を表します。しかし同時に、無意識にそのルールを破る遊び心も持ち合わせているのです。ミスマッチなディテールや型破りな組み合わせを涼しい顔で着こなす姿に驚かされることもありますが、それが本質的な英国らしさとも言えるでしょう」。