未分類

夏木マリが京都で芸術と文化の祭典開催 - 写真展&パフォーマンスなどアートワーク披露

2014年10月30日 - 未分類


MARI NATSUKI X MICHAEL THOMPSON PLAYER

2014年11月、芸術と文化の祭典「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2014」が京都にて開催される。これは、日本文化を象徴する地“京都”を舞台に、夏木マリが写真展・パフォーマンスなどのアートワークを披露するイベント。

エンターテインメントの第一線を走り続け、40年以上のキャリアを誇る、夏木マリ。「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2014」は、未来のエンターテインメントの可能性を広げることを目的とした初のプロジェクトであり、その幕開けとして“京都”から新たなムーブメントを発信する。


青蓮院門跡

なかでも注目は、2014年11月19日(水)から11月29日(土)までの期間開催される写真展「夏木マリ×マイケル・トンプソン PLAYER meets 青蓮院門跡」。青蓮院門跡の秋の特別拝観(ライトアップ)、国宝青不動の御開帳、青不動復元模写の初公開時期に合わせ、貴重な歴史的建造物にて実施され、国内外への文化・情報の発信基地と位置づけた本フェスティバルのメインコンテンツとなる。

11月21日(金)の20時からは、世界文化遺産である清水寺の経堂にて、パフォーマンス・ライブ「PLAY×PRAY」を披露。京都は気候変動問題に取り組んだ京都議定書採択の地。神社仏閣はその地の原生林と共にあり、京都の庭園は自然との共存・共生のシンボルでもある。

そこで、世界文化遺産である清水寺にて、夏木マリがライフワークと位置づけ、自己表現の探求の場として心血を注ぐコンセプチュアルアートシアター「印象派」の世界観を彷彿させるパフォーマンスを“PLAY(演じる)”。地球規模で環境破壊が叫ばれている中、地球の警告に悶え、過ちを改めようとする人類をその身体で表現し、”PRAY(祈り)”を捧げる。


清水寺

【イベント概要】
「NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2014」
■夏木マリ×マイケル・トンプソン PLAYER meets 青蓮院門跡
日時:2014年11月19日(水)~11月29日(土) 9:00-17:00 (16:30受付終了) 18:00〜22:00 (夜間特別拝観 / 21:30受付終了) ※昼夜入れ替え制。
会場:青蓮院門跡 宸殿
料金:拝観料のみ ※文化の奉納と位置づけている為、写真展観覧は無料。
■世界文化遺産「清水寺」でパフォーマンス・ライブ「PLAY×PRAY」を披露
日時:2014年11月21日(金) 20:00〜21:00
会場:音羽山 清水寺 経堂
料金:拝観料のみ ※文化の奉納と位置づけている為パフォーマンス観覧は無料。但し募金箱を設置し、支援に繋がる気持ちを募る。